炊飯器で!甘納豆入り炊き込み赤飯

炊飯器で!甘納豆入り炊き込み赤飯

Description

材料を炊飯器に入れてスイッチを入れるだけで、作れるレシピです♪

材料 (4人分)

うるち米
1.5カップ
もち米
1.5カップ
2~3カップ
甘納豆
100g
小さじ2/3
紅生姜
30g
食紅
少々
ごま塩(作りやすい分量)
黒ごま
大さじ1/2
大さじ2

作り方

1

うるち米、もち米は混ぜて洗い、30分くらい水につけ、ざるに上げて水切りをする。(15分位)

2

甘納豆は、表面の砂糖をぬるま湯でサッと洗う。

3

鍋に水を入れて火にかけ、塩と食紅を混ぜ、米を加えて炊飯器で普通に炊く。スイッチが切れたら、甘納豆を入れてむらす。

4

器に盛り、黒ごまと塩を混ぜたごま塩をふり、薄切りの紅生姜を添える。

5

札幌市中央区役所ホームページ「モリスの食育」にレシピを掲載しております。

6

http://www.city.sapporo.jp/chuo/kenko/recipe/index.html

コツ・ポイント

小豆で本格的な赤飯を炊くのは、準備が大変。
子どもが喜ぶものを食べさせてあげたいという思いから、簡単にできる赤飯として甘納豆赤飯が考案されました。道内各地で作り方を伝えたところ、あっという間に広まり、お店から甘納豆が消えてしまったそうです。

このレシピの生い立ち

札幌市中央区と「食育に関する連携協定」を結んでいる、学校法人光塩学園の創設者で初代学長の南部明子先生が昭和20年代後半に考案しました。
その後、南部先生が子ども達の喜ぶ「主婦でもできる手軽料理」として道内各地の料理講習会で紹介しました。
レシピID : 5392010 公開日 : 19/05/09 更新日 : 19/05/09

このレシピの作者

北海道が誇る安全でおいしい食材をさまざまなレシピとともにご紹介します。また、北海道公式ホームページやブログ「超!!旬ほっかいどう」と連動して食情報や暮らしの安全安心に関する情報、子育て情報をお届けしますので、ぜひご覧ください♪
【道公式ホームページ】http://www.pref.hokkaido.lg.jp/index.htm

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」