春はよもぎ☆その他の季節は春菊☆de美味しい草もちを作りましょ♪

新芽のよもぎで作る草もちはとっても美味しい!でも、1年中食べたいので春菊を使ったレシピを見つけました。本の名前は覚えてないんですが、これなら、冷凍しなくっても美味しい草もちが楽しめちゃいますよ。

材料 (4~5人分)

☆春菊
1/2束
☆よもぎ
葉だけで50g
少々
30g
 水
大さじ2
1カップ
 熱湯
150cc
粒あん〈No.53946)
350g
きな粉
40g
 メープルシロップまたはオリゴ糖
大さじ3

1

☆春菊は葉先の柔らかいところだけを摘み取り、水洗いする。たっぷりの熱湯をサッと色よくゆで、水に取って冷まし、水気をきる。

2

☆よもぎは柔らかいところだけを摘み取り、水洗いする。重曹少々を加えた湯で2~3分ゆで、水にさらす

3

1または2を細かく刻み、さらに包丁でたたいて細かくする。もう一度水気を堅く絞る。なるべく細かくたたくほうが草もちの色が良くなる。

4

ボウルに白玉粉を入れ、分量の水を少しずつ加えてよく練り混ぜ、なめらかにする。ひとまとめにして、ボウルの側面に張りつけて、よけておく。

5

白玉粉を側面に張りつけたままのボウルに、混ざらないように上新粉を入れる。分量の熱湯を少しずつ加えてしゃもじで練り、手で触れるほどになったらよくこねる。

6

上新粉がなめらかになったら、側面に張りつけた練った白玉粉を混ぜ、一緒にしてよくこねる。これを2等分して、それぞれ平らに薄く広げる。

7

湯気の立った蒸し器に堅く絞った濡れ布きんを敷き、6の生地を並べて入れる。蒸し器のふたを布きんで包んでのせ、強火で15分蒸す。

8

蒸した生地が透き通る感じになったら取り出してボウルに入れる。すりこ木やめん棒に水をつけながら、手早くついて柔らかくする。

9

もちの生地がひとまとめになったら、刻んだ春菊を加え、同様にすりこ木などでつく。手で触れるまで冷めたら、手に少し水をつけ、全体が緑色になるまでこね、一口大にちぎる。

10

半分ずつお皿に盛ったら、片方にあんをかける。もう片方にはメープルシロップをかけてから、きな粉をかける。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

レシピID : 53970 公開日 : 02/05/19 更新日 : 05/03/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」