てんさい糖のシュトレン

てんさい糖のシュトレン

Description

クリスマスに向けて、毎日少しずつ楽しむドイツ菓子、シュトレン。北海道風にてんさい糖で作ってみました。

材料 (ラグビーボール半分くらいの大きさ)

生地
薄力粉
100g
100g
バター
70g
シナモンパウダー
小さじ1/2
てんさい糖
20g
ひとつまみ
牛乳
90ml
3g
仕上げ
ドライイースト
1個
ドライフルーツ
60g
くるみ
30g
ラム酒
大さじ1
バター
30g
てんさい糖
大さじ2

作り方

1

写真

牛乳を鍋に入れて人肌(36℃程度)に温め、火を止めてドライイーストをいれる。

2

写真

ボウルに薄力粉・強力粉、細かく切ったバター入れてカードで切るように混ぜ、卵黄と塩・シナモンパウダーを入れて混ぜる。

3

写真

ラップをして温かい所で1時間程度、一次発酵させる。

4

写真

ドライフルーツにラム酒をかけておく。

5

写真

3に4とくるみを入れて混ぜて、直径20cmくらいに伸ばし、手前1/3を中心に向かって織り込み、奥側を手前に織り込む

6

写真

天板に乗せてラップをして、温かい所で30分程度、2次発酵させる

7

写真

180℃のオーブンで40分焼き、焼き上がりに、バターを染み込ませるように塗る

8

写真

粗熱が取れたら、てんさい糖をザルで細かく砕くように振り掛けて、完成

コツ・ポイント

発酵する際、「暖かいところ」って何℃くらいかな?と思いますよね。
40℃くらいが目安で、ストーブで暖まっているところ(ラップをして)や、稼動中のオーブンの上などがオススメ。
60℃を超えると、イースト菌が死んでしまいますので気をつけて。

このレシピの生い立ち

2018.12.5放送分
ドイツ菓子のシュトレンを、青ちゃん風にてんさい糖でアレンジ。コクのある優しい甘さになりました。
本来、溶かしバターにどっぷりつけることで長く日持ちするシュトレン。この作り方でも、2週間くらいは日持ちするそうですよ。
レシピID : 5397818 公開日 : 18/12/05 更新日 : 18/12/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」