桜の花のジャム

桜の花のジャム
春の花・桜を使った1品。塩漬けに使えなかった花弁の有効利用法でもあります。

材料 (作りやすい量)

桜の花
50g
砂糖
50g
大匙1~2
100cc
粉末ペクチン
小匙1~2

1

写真

桜の花弁を用意します。私の場合は塩漬け用に採取した八重桜の花が咲ききったものを使っています。これを軽く洗って乾かします。

2

写真

鍋に水と砂糖を入れて沸騰させます。沸騰したら桜の花弁を入れます。この時、汁が黄色くなりますが気にしなくていいです。

3

写真

レモン汁を入れると汁は透明に戻ります(時間がたつとピンクになります)。火を止め、ここに少量の砂糖、水と一緒に混ぜたペクチン(こうしないとダマができます)を混ぜます。

4

写真

出来上がった直後はこんなカンジですが瓶に詰めて脱気処理を行い、数日たつと全体がピンク色のジャムになっています。

コツ・ポイント

草木染の「酢酸触媒法」の応用なのでピンク色の強い花で作ってください。白っぽい花では色が出ない上に苦味があります。
食用花(エディブルフラワー)の桃色、赤色の花でもこの方法でジャムが作れます。
ペクチンで凝固させたジャムなので日持ちしません。脱気処理をして小分け保存(か冷凍)にしてください。こうすれば半年は持ちます。

このレシピの生い立ち

バラのジャムを作ってて「桜で応用できないかな?」と思った結果です。
私のレシピはシフォンケーキ用のものなのでそのままでは酸味が強すぎると思いますので砂糖とレモン汁(クエン酸でも代用可能)は加減してください。
レシピID : 539989 公開日 : 08/03/28 更新日 : 08/03/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

09/05/11

First tsukurepo mark
写真

ペクチンを入れないでシロップにしました。綺麗な色にうっとりです

赤毛のあんこ

日持ちしないので早めに使い切ってくださいね(冷凍可能)。

Profile ママじーじー 2015年04月20日 14:27
桜の花びらが余りにも多かったのでジャムが作れるのではと考えてやってみましたが固まりませんでした。シロップにしてゼラチンで固めようと思っています。シロップの状態で保存しています。実はジャムになりますが花びらは出来ないようですね、桜の花びらを使った料理、材料を作りたいものです。
このレシピが前もって分かっていたらもっと参考になったと思います。
ak1012 2015年04月20日 15:25
一般的なジャムはペクチン(大抵の果物には含まれています)で凝固させるので紅茶や桜の花のような材料では粉末ペクチンかリンゴジュースを煮詰めたものを足さないと固まらないんです。あと、固まらなかったシロップを温めて水溶きペクチンを加えればジャムに加工できますよ。お試しください。
花を使った加工品の場合、酸で色を保持しますので必ず入れてくださいね。