韓国風「雲南百薬のスープ」

韓国風「雲南百薬のスープ」

Description

韓国で産後の健康食になっている「ミヨクク(미역국)」というスープを参考にして作りました。

材料 (4人前)

島産「雲南百薬」の葉(小笠原産)
100g
牛すね肉
100g
(A)薄口醤油
小さじ1/2
(A)にんにくみじん切り
小さじ1/2
(A)コショウ
少々
大さじ1
8カップ
小さじ1
小さじ2

作り方

1

(A)の調味料を混ぜ合わせて「ヤンニョムジャン」を作る

2

牛すね肉は血抜きをしてから小間切れにして、ヤンニョムジャンで下味を付ける

3

雲南百薬の葉は、さっと湯がいて食べやすい大きさに切る

4

鍋を熱して胡麻油をひき、牛肉を炒めて、牛肉に火がとおったら雲南百薬の葉をサッと炒めて火をとおす

コツ・ポイント

「雲南百薬(おかわかめ)は、マグネシウムや亜鉛、カルシウム、ビタミンA等の必須栄養素を含む薬草です。
乾燥ワカメを水で戻し、雲南百薬を入れる前に炒め、戻した水を使って煮ると韓国料理の「ミヨクク」に近い味で仕上がります。

このレシピの生い立ち

内地で韓国の伝統料理を専門に勉強していたので、サークルの友達が育てた「雲南百薬」を韓国風に料理しようと思って作ってみました。
レシピID : 5404962 公開日 : 20/04/08 更新日 : 20/04/08

このレシピの作者

小笠原諸島は、東京都でありながら船に24時間乗らなければ行けない日本一の秘境です。
普段は身近に感じることが難しい、秘境ならではの料理・食材を身近に感じていただければ幸いです!!

また、小笠原諸島は2018年に日本へ返還されて50周年を迎えました。
それを記念して行われた『おいし~ま小笠原 レシピコンテスト』において、島民から数多くのレシピが寄せられましたので、その作品を中心に掲載いたします。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」