ビーツを保存する

ビーツを保存する

Description

発色が楽しいビーツを色々な季節に使いたいと思い瓶詰保存してみました。

材料

ビーツ
4個
適量
瓶(280ml)
5瓶

作り方

1

ビーツの実は皮をむき1cm角位に切り、ヒタヒタの水で軟らかくなるまで煮る。

2

皮は水500ml位で煮ると綺麗な赤い煮汁ができます。皮は取り除く。

3

茎と葉蒸す。バットに広げて冷やす。
茎はみじん切りにする

4

煮沸消毒した瓶に1.のビーツと煮汁を入れ、3.の茎のみじん切りを入れ、2.の煮汁を入れる。蓋も煮沸消毒しぎゅっと閉める

5

鍋に湯を沸かし瓶を入れ肩まで湯を入れ30分煮る。取り出したら蓋をギュッと閉め逆さにして冷やす。

6

冷えたら戻して常温保存。

コツ・ポイント

瓶保存は濁りが出ると失敗している事があります。
濁りのチェックは忘れずに!筍も同じように40本作って2本失敗しました。成功した物は8ヶ月たっても美味しく食べられます。

このレシピの生い立ち

ビーツを長く楽しみたいと思って作りました。今年はビーツに沢山出会えました。茎はビーツ稲荷に使っています。
レシピID : 5405554 公開日 : 18/12/09 更新日 : 18/12/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」