朝が待ち遠しい!定番シナモンロール

朝が待ち遠しい!定番シナモンロール
何気なくコーヒーメーカーの隣に置いてある、そんな朝の定番にしたいシナモンロールです!****ベーキング用の丸い型が2個必要****

材料 (24個分)

3 1/2 から 4カップ (400グラム)
ドライイースト
1パック (7グラム)
牛乳
1カップ
3/4カップ (40グラム(*)と85グラム、2回に分けて使います)
ショートニングか無塩バター
1/4カップ (45グラム)
小さじ1
溶かしたバター
大さじ3
シナモン
大さじ1
2/3カップ (140グラム)
バターかマーガリン
1/4カップ (45グラム)
薄めのコーンシロップ
大さじ2
ピーカン(またはくるみ)
1/2カップ

1

ボールに2カップ(200g)の強力粉とイーストを加える。

2

3

牛乳と1/4カップ(*)のグラニュー糖、ショートニング、塩を弱火にかけ、まぜ合わせる。

4

2を1に加え、卵を加える。

5

ハンドミキサーを弱に設定し、30秒ほどまぜ合わせる。

6

強のスピードで3分間まぜ合わせる。

7

残りの強力粉を入れながら、手で生地をまとめ、固まりをつくる。8分から10分ほど強力粉をまぶした台の上でよくこねる。

8

バターをぬったボールの中に入れ、ひっくり返す。

9

カバーをして45分から60分2倍になるまで待つ。

10

空気を抜いて、2つに分ける。

11

30x20cmの長方形にのばす。

12

溶かしたバターを生地の上に塗り、残りのグラニュー糖とシナモンを混ぜ合わせふりかける。

13

長い方の端から生地を丸め、12等分に切る。

14

三温糖(ブラウンシュガー)と1/4(45グラム)カップのバター、コーンシロップをバターが溶けるまで弱火でまぜ合わせる。

15

型に13を流し入れ、ピーカンをその上にまぶす。

16

12個のロールを隙間を空け、均等に置く。

17

カバーをかけ、30分2倍になるまで待つ。

18

18分から20分、190°に熱したオーブンで焼く。

19

焼き上がったロールを30秒ほど休ませた後、型を上下逆さにしながらロールを取り出して出来上がり。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

アメリカ、ミシガン州から日本に届きました。簡単なのに本格派。作ってみて納得!とてもおいしいくできあがります。
レシピID : 540642 公開日 : 08/03/29 更新日 : 11/12/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile にしちゃん 2008年03月29日 22:40
初めまして。わたしもシナモンロールが大好きです。でも、中々納得のいく生地にあえません。こちらのパンは美味しそうですね。
質問ですが、上記の分量の所には強力粉400gとありますが、手順の所は200gとあります。残りの200gはいつ使うのですか?
Profile モトツグ 2008年04月09日 01:47
ありがとうございます!さっそくレシピに書き加えました。
行方不明になっていた強力粉は、ハンドミキサーで生地が練り上がった後に入れます。弾力があってふわふわの生地に仕上がりますよ。