油揚げにいろいろな具を詰めて☆アゲニアン

油揚げにいろいろな具を詰めて☆アゲニアン
☆市原市食生活改善推進員さんが考案したレシピ☆栄養たっぷり、だしのうま味がいっぱい、薄味でも美味しいよ!

材料 (4人分)

油揚げ
3枚
木綿豆腐
200g
鮭の水煮缶(汁も使用)
小1缶
ごぼう
20g
人参
20g
ほうれん草
50g
干しきくらげ
1g
長葱(みじん切り)
1/4本
小さじ1
鶏卵
1個
小さじ2
300cc
砂糖
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
大さじ1

1

油揚げは、湯通し油抜き)して半分に切り、やぶかないように開いておくよ。

2

木綿豆腐は水けを切っておいてね。
ペーパータオルに包んで少し置いておくといいよ。

3

きくらげは水に入れてもどし、せん切りにするよ。

4

ごぼうは小さめのささがきにして、水にさらしておいてね。人参はみじん切りにするよ。

5

ほうれん草はゆでて、細かく切ってね。

6

フライパンを熱してごま油を入れ、きくらげ、④の水けを切ったごぼう、人参を炒めるよ。

7

⑥に鮭缶の汁を入れて汁けがなくなるまで炒めてね。最後にほうれん草を加えてひと混ぜし、冷ましておくよ。

8

ボウルに豆腐、鮭缶、長葱、根生姜、卵、⑥を入れ、片栗粉を加えてよく混ぜてね。

9

①の油揚げに⑦を6等分して詰め、楊枝で止めるよ。

10

写真

鍋にだし汁、調味料を入れて煮立て、⑨を加えて汁けがなくなるまで中火煮含めるよ。楊枝を抜き、半分に切って盛り付けてね。

コツ・ポイント

野菜はお好みで、季節のものを使ってね。鮭缶の代わりに鶏ひき肉でも作れるよ。豆腐の水切りはしっかりしてね!最後は、中火よりやや弱めぐらいの火加減で、煮汁がなくなるまで煮含めるよ☆

このレシピの生い立ち

市原市の『養老川流域田淵の地磁気逆転地層』が国の天然記念物の指定を受けて考案したレシピだよ!
−1人分の栄養価−エネルギー:180kcal たんぱく質:12.9g 脂質:9.7g カルシウム:138mg 食塩相当量:1.0g
レシピID : 5418302 公開日 : 18/12/28 更新日 : 18/12/28

このレシピの作者

ぼく、千葉県市原市のマスコットキャラクターオッサくんだよ!市原市は農業が盛んで自然豊かなとっても良いところ!ぼくが大好きな野菜や果物を使った、体に良いレシピをたくさんご紹介します!みんなでおいしく楽しく食べて、未来へつなぐ健倖都市を目指そう!
HP⇒https://www.city.ichihara.chiba.jp/kenko/00_kurasi_top/syokuiku/index.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」