春の味覚☆竹の子の茹で方

春の味覚☆竹の子の茹で方
今年も竹の子到来です! 1kg以上もあるんです♪

材料

たけのこ
鍋に入る量
◆米ぬか(なければ米とぎ汁,おからで)
1C
2〜3本

1

外側の皮を2~3枚むき、穂先は斜めに切り落とし、根元の赤いえぼえぼは気になるようなら薄くこそげ落とし、皮だけに縦1本切れ目を入れる。

2

鍋に入れ、たっぷりの水を入れ、米ぬかと赤とうがらしを加え、落し蓋をして火にかける。

3

煮立ってから約1時間ゆでる。途中茹で汁が減ったら水を足す。

4

根元に竹串を刺し、通ったら茹で上がり☆ゆで汁につけたまま冷ます。

5

竹の子を取り出して洗い、切れ目から皮をむく。このとき皮とはいっても淡黄色の部分(姫皮)はやわらかく頂けるため汁物用にわけておく。根元のごく堅いところと、穂先のごく堅いところは切り落とす。

6

根元の堅い部分は繊維を断つようにごく薄切りにし、さらに千切りにして竹の子ごはんにする。穂先は4つ~に切りに、あとは2cm厚の輪切りにし、縦半分~に切って煮物等に使う。

7

すぐに調理しない場合は、水にさらして冷蔵庫で保管する。(姫皮も)お水はなるべく毎日かえましょう☆

8

写真

9

写真

2009/4/5の朝堀りです♪やわらかそうで美味しそう!千葉県大多喜夷隅神社の朝市でゲットv

10

写真

2010/3/6築地で♪小さな竹の子ですが
春の香りが詰まっていました!

11

写真

20110430朝掘りの筍頂きました♪埼玉県の知人より。

コツ・ポイント

吹きこぼれないよう火加減には気をつけてね☆竹の子は日が経つにつれてえぐみが増すので、早めに下処理するようにしましょう☆竹の子を買う場合、鍋の大きさを想定しておきましょう。当たり前ですが、大き過ぎると入りません(笑)☆

このレシピの生い立ち

毎年竹と竹の子で有名な、千葉県大多喜町竹遊楽の里に、新鮮な竹の子を仕入れに出かけます☆
レシピID : 541991 公開日 : 08/04/02 更新日 : 11/05/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

68 (56人)

16/04/01

写真

うまく出来ました。竹の子御飯、楽しみです♪

sakutakuhitoshu

よかったです~楽しみですね^^

15/05/16

写真

なつきが自分で見つけてひとりで掘った特別な一本です♪

なつきばぁば

特別な1本かわいらしくて感動!おかわりありませんか^^

15/04/23

写真

しっかり出来ました

ChuckTown

よかったです^^!

15/03/28

写真

お初でしたが3本なんとか茹でられました♥︎刺身も美味♥︎感謝♪

mamekko127

季節ですね^^どうもありがとう♪

1 2 3 4 5
るる子 2009年04月13日 17:23
kamu蔵さん♪
写真の竹の子は、随分 立派ですね!
まだ少し高かったけど、竹の子を見るとつい買ってしまいました。
茹でたての竹の子、やっぱり美味しいですね(。^‿^。)
手間はかかるけど、自分で茹でると美味しさもひとしお。
今日は何で食べましょうか…。
kamu蔵 2013年04月08日 23:28
るる子さん、
あ~すいませ~ん4年もたってしまった汗汗汗;
ちょうど筍ごはんを仕込んでいて気がついたのでした。
はい、やっぱり美味しいです!