紅玉の甘煮

 紅玉の甘煮

Description

皮付で作る、宝石のような紅玉の甘煮です。

材料

紅玉
500g(正味)
ラム酒
大さじ1
大さじ1

作り方

1

紅玉を台所洗剤(食品OKのもの)で洗う。

2

写真

紅玉を4つ切りにして、芯を取る。さらにリンゴを4つに切る。

3

写真

平たい鍋に、カットしたリンゴとグラニュー糖入れ、全体をよく混ぜ合わせて、10分置く。

4

リンゴから水分がじんわり出てきたら、中火で加熱する。

5

写真

煮崩れないように、焦げないように、時々ヘラで動かしながら煮ていく。

6

煮汁が少し残るくらいまで煮詰めたら、洋酒を全体に振りかけるように入れる。

7

アルコールが飛んで、水分も煮詰まったら火を止める。

コツ・ポイント

紅玉は10月~12月にかけて出荷されます。出荷される期間も短いので、この時期にたくさん作って冷蔵、冷凍保存をしておきます。収穫してから時間が経つほど、色が悪く、また荷崩れしやすくなるので、早めに作るのがオススメです。

このレシピの生い立ち

秋に紅玉の甘煮をたくさん作ってストックしておけば、冬の間、リンゴのスイーツをいろいろと作ることができるので、箱買いして作るようになりました。食パンやベーグルパンにクリームチーズと一緒に挟んでもお手軽で美味しいです。
レシピID : 5429782 公開日 : 18/12/28 更新日 : 18/12/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」