炊飯器でお煮しめ

炊飯器でお煮しめ

Description

大晦日、母は朝から煮物の1日。何とか楽にしたい。でも日本の食文化は伝承したい。そこで炊飯器を活用してみたら時短楽チン!

材料

茹で筍
1袋(小ぶりの筍2こ)
京にんじん
1本
ごぼう
25cmくらい
こんにゃく
1
れんこん
10cmくらい
煮汁
2カップ
1/4カップ
1/4カップ
小さじ1/2
砂糖
小さじ1
醤油
大さじ2

作り方

1

れんこんは7mmくらいの半月にスライス。ごぼうは2cm長さの乱切りにします。れんこんとごぼうは水にさらしておきます

2

筍は5mmくらいの厚さに切ります。にんじんは1~1.5cm厚さに切ります。

3

こんにゃくはフォークを何ヵ所か刺して、7mmくらいにスライスします

4

スライスしたこんにゃくの真ん中に切れ目を入れて、くるっとひっくり返します。

5

写真

鍋に4カップほど水を入れ、鰹節を入れて火にかけてだし汁を作ります。

6

ボールに煮汁の材料、だし汁、酒、砂糖、だし醤油、塩、醤油を入れてよくまぜます

7

写真

お釜の内釜に切った野菜をいれます。野菜は全部でだいたい900gくらいです。

8

写真

7に5を入れて、普通に炊飯スイッチを押します(45分くらい)。

9

写真

炊き上がったら、にんじんと筍を取り出します。
ごぼうとれんこん、こんにゃくは1時間くらい保温します。

10

写真

ごぼう、こんにゃく、れんこんを取り出し、冷めたらお重箱に詰めます。

11

写真

残ったら、タッパーに入れて保存します。

12

写真

炊飯器で筑前煮 
レシピID : 3420461

コツ・ポイント

野菜はにんじん、れんこん、筍、こんにゃく、ごぼう全部合わせて900gくらいです。椎茸を加えても良いです。里芋だけは別に鍋で煮ました。

このレシピの生い立ち

大晦日は、母が朝から大鍋で出汁をとり、白いものから里芋、筍、れんこん、にんじん、こんにゃく、椎茸の順に煮るのが習慣になっていました。母に楽をしてもらいたいし,日本の食文化は伝承したい!だけど時間がないので、炊飯器で作ってみました。
レシピID : 5433784 公開日 : 19/01/01 更新日 : 19/08/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」