ブラジル風ローストチキン

ブラジル風ローストチキン
ブラジルのローストチキンです。今まで作った中でもっとも簡単なのにとても美味しいので紹介します。

材料

丸鶏
1羽
漬け汁
大匙1
大匙1(乾燥なら小匙1/2)
ビール
50cc
レモンの絞り汁
大匙1/2
醤油
小匙1/2

1

写真

生のローズマリーとニンニクはみじん切りにする。

2

写真

1を含めたすべての漬け汁の材料をミキサーで混ぜ合わせる。

3

写真

丸鶏はお尻から指を入れて背骨のくぼみに残っている腎臓も取り除き、よく洗う。外も洗って、水気をふき取っておく。

4

写真

丸鶏が入るジップロックの袋を用意し、鳥を入れる。首のところから皮を破らないように肉とはがして2の漬け汁を流し込む。

5

写真

残った漬け汁を袋に入れて、できるだけ空気を抜いて密閉する。袋の外から漬け汁を揉みこむ。このまま冷蔵庫で一晩おく。

6

写真

翌日、丸鶏を袋から取り出して、クッキングシートを敷いた鉄板に乗せる。形を整える。縛る必要はありません。

7

写真

200℃に予熱したオーブンに入れ、約1時間焼く。いったん取り出してひっくり返し、お腹側を上にしてさらに20~30分焼く。

8

写真

さらに盛り付けて完成です。

コツ・ポイント

漬け汁は丸鳥の皮と肉の間に流し込み、残りをしっかり揉みこむこと。冷蔵庫で10時間から一晩おいてから焼くこと。焼く時もそのままで、油は一切塗りません。

このレシピの生い立ち

ブラジル料理講習会で習ったローストチキンです。ビールの効果でお肉がとっても柔らかく、鳥自身の油で皮はパリパリ。とても美味しいですよ。鶏をタコ糸で縛ることもなく、オイルを塗る手間もない超簡単レシピです。お試しください。
レシピID : 5435061 公開日 : 19/01/13 更新日 : 19/01/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」