☆お節リメイク☆お煮しめde“すき焼き”

☆お節リメイク☆お煮しめde“すき焼き”

Description

お節も3日目になると…ね(笑)そして、どうしても3段目のお煮しめが残りがち。そこで、パパッとご馳走にリメイクはいかが?

材料 (作りやすい分量(4人分))

牛肉(すき焼き用)
お好みの量
牛脂
1個
白滝(食べ良い長さに切る)
1~2袋
ネギ(筒切り・斜め切り)
3本~お好きな量
白菜(ざく切り)
4分の1
小松菜や春菊(ざく切り)
1把~お好きな量
☆割下
・砂糖
40gくらい
・酒
100~120g
・醤油
100~120g
100~120g
★お煮しめ(お節の3段目)
お煮しめはお好きな量
・人参・大根・筍・蓮根
・厚揚げ・焼き豆腐・
・蒟蒻・たけのこ 等々
◎たまご
1人1~2個ずつ

作り方

1

割下の☆を全て小鍋に入れ(小鍋をスケールにのせ、次々に調味料を入れると楽です)たら火にかけ、ひと煮立ちさせる。

2

写真

ネギは根を切り落とし、何となく3回ほど切り目を入れながら、3センチ長さに筒切り。味の染みこみが良く、噛み切りやすくなる。

3

白滝はザルにあけて水気をきり、熱湯を回しかけてサッとアク抜き。食べやすいように包丁で2~3等分の長さに包丁で短く切る。

4

白菜や小松菜(春菊)はざく切り

5

鍋を火にかけ、牛脂を入れて全体に溶かしながらなじませる。牛脂がなければ、サラダ油で代用しても大丈夫。

6

中火にしたら、切れ目入り筒切りネギを入れ、菜箸で時々転がしながら香ばしく焼き目をつける。ここでは完全に火は通さないでOK

7

ネギを端に寄せて、白滝も加えて何となく全体に油がまわるよう軽く炒める。

8

写真

そこへ、旨味出しでお肉の切れ端をちょこっと加えて炒め、色が変わったら、お節のお煮しめの残り物★を次々に並べ入れる。

9

写真

さぁ、いよいよ割下を加えます。煮詰まるつど割下と熱湯を入れるのではなく、思い切ってひと煮立ちした☆全量加えて大丈夫。

10

いつものすき焼きと違い、野菜多めで野菜から水が出るので、そこに加える熱湯は、1カップ(200cc)。お好みで増減可。

11

写真

鍋のすき間に、ざく切りの白菜・小松菜の茎を加える。隙間に立てるように入れると、見映えもよくなり、火もまんべんなく通ります

12

写真

このまま中火~弱めの強火で5分ほど煮て、白菜がしんなりしたら、小松菜の葉を加え、

13

シャキシャキのネギ好きな方がいらしたら、ここで斜め切りの葱も加えましょう。小松菜の葉と一緒に、すき間に差し込み、2分煮る

14

写真

いよいよ、お肉の出番です!卓上コンロや、ホットプレートの鍋で作りながら食べるなら、ここまでの鍋を卓上に移動しましょう。

15

写真

取り皿にたまごを割り入れ、少しときほぐしてスタンバイ。お肉を広げながら1枚ずつ入れ、色が変わったらたまごにつけてパクリ。

16

写真

鍋の途中、焼いたりレンジでチンしたお餅や、ゆでうどんを投入。煮汁にからまったうどんは、お腹いっぱいの子供も別腹です(笑)

コツ・ポイント

お煮しめは火が通り下味もついているので、肉とネギと葉もの野菜を用意するだけで、あっという間に時短ですき焼きになります。根菜が加わることで、味に深みが出て、栄養や食べごたえもUP!お煮しめを敬遠しがちな子供も、お肉と一緒に夢中で食べます。

このレシピの生い立ち

せっかく飾り切りして丁寧に作ったお節。喜んで食べてくれても、お正月も3日目になると、どうしてもお箸が進まなくなるもの…。そこで目先を変えて、すき焼きにリメイク。残り物というより、飾り切りの根菜が加わり、旨味コク彩りUP、ご馳走すき焼きに☆
レシピID : 5437000 公開日 : 19/01/03 更新日 : 19/01/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」