ビアソーセージ&ミディトマトのマリネ

ビアソーセージ&ミディトマトのマリネ
見ての通り、トマトのマリネです。冷たく冷やして、サラダとしておつまみとしてお召し上がりください。

材料 (作りやすい分量)

ミディトマト
15個くらい
ビアソーセージ
2~3枚
新玉ねぎ
1/4個
砂糖
小さじ1
ひとつまみ

1

写真

漬け込む容器に、みじん切りにした新玉ねぎと、調味料を入れ、よく混ぜておく。さらにビアソーセージを刻んで、ほぐすように混ぜる。(今回は超薄切りタイプを5枚入れました。)

2

写真

ミディトマトはへたを取り、浅く十字に切り込みを入れます。さらに先っちょにもプチッと小さな切り込みを入れておきます。

3

写真

鍋にお湯を沸かし、煮立ったらトマトを入れ、10~15秒茹でます。はじけたように皮が破けたらすぐざるにあげ、流水で冷やします。

4

写真

水の勢いで皮がめくれるはずなので、そこからツルンツルンと皮を剥き、準備しておいたマリネ液にどんどん入れていきます。

5

写真

最後によく混ぜて、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。1時間から一晩、都合に合わせて寝かせて下さい。

コツ・ポイント

○クレソルは、ビアソーセージからも塩分が出るので控えめに。 ○今回はちょうど安かったヘルシーミディという普通のプチトマトよりはひと回り大きいものを使いました。小さなプチトマトでももちろん出来ます。 ○玉ねぎが新玉ねぎでない場合は、クッキングペーパーなどに包んでもみ洗いするなどし、辛味を和らげて下さい。

このレシピの生い立ち

すでに退会されたメンバーさんのレシピで、湯剥きしたプチトマトをドレッシングにつけ込んで冷蔵庫に常備しておく、、、というレシピがありました。それを参考に自分の好きな味のマリネ液を作って漬け込んでみました。
レシピID : 544085 公開日 : 08/04/04 更新日 : 08/04/04

このレシピの作者

カイサと申します。「娘に伝えたい我が家の味」中心のレシピを載せています。(女子農高生弁当は2015年5月よりお弁当アプリに移行。)小学校で週2~4日「給食のおばちゃん」のパートをしています。
レシピではちょっぴり塩分控えめの、キミセ醬油のまろやかを愛用。

甘党の夫は神戸に単身赴任、長女は大学近くで一人暮らし、私と高3の次女は横浜の離散家族。^^;

趣味は、 映画・海外ドラマ鑑賞、手芸など。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

15/08/28

写真

普通のトマトで作りました。さっぱりして美味しかったです♡

ぐだくさん

ありがとうございます。たくさん食べられますよね。(*^^*)

14/02/27

写真

ダメにしてしまうところだったトマトが生まれ変わりました(≧∇≦)

ば☆に☆こ

ありがとうございます。よ~く冷やしてお召し上がりくださいね!

09/10/14

First tsukurepo mark
写真

ワインビネガーが無くて普通のお酢で♪とっても美味しかったです♡

かえるも

ありがとうございます。地味なレシピ、気づいてくれて感謝!^^