干物専門店もビックリのゲキウマ!酒干し

干物専門店もビックリのゲキウマ!酒干し
酒干しの干物を作ってみました。普通の干物に酒入れるだけなんですが、干物専門店もビックリのゲキウマ。酒には、アミノ酸を分解してうまみ成分を増やし魚特有の生臭味を消してくれるからです。鯵に限らず、その時季の旬の魚で試してみてください。

材料 (5人分)

アジ
5匹
※ミネラルウォーター
1ℓ
※塩
10g
※酒
150mℓ

1

写真

鮮度のよいアジをゼイゴはらわたをとり腹開きにします。魚をおろすのが苦手なら、魚屋さんに頼んでやってもらいましょう。

2

写真

※印の材料をすべて合わせ、塩水を作ります。
腹開きにしたアジを、酒入りの塩水に漬け込みます。

3

写真

天日干しします。外側は軽く、内側はしっかりと干します。

4

写真

強火の遠火で焼きましょう。焼きすぎると身が硬くなってしまうのでお気をつけください。

コツ・ポイント

干物なら塩漬けだけなのですが、ナゼ酒を入れるかというと・・・酒は魚の生臭身を消してアミノ酸を分解する働きがありますので普通の干物よりグググッと美味しくなるんです。

このレシピの生い立ち

鯵に限らず、その時季の旬の魚で試してみてください。お勧めは秋刀魚かな。開かなくてもまるっぽのまま酒と塩に漬けて天日干しするだけでそのまま焼くよりも美味しくなりますよ。
レシピID : 54495 公開日 : 02/05/22 更新日 : 03/09/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」