ナンコツ入りうずら月見つくね串

ナンコツ入りうずら月見つくね串
夫婦揃って好きな某串屋を真似て、うちのつくねはいつもはナンコツ入りで卵の黄身をつけて食べます。
でも、今回夜桜に持っていくのに生の黄身はちょっと無理。‥って事でうずらの卵を中に入れてしまいました。
ちょっと豪華で食べ応えアリ♪

材料 (串5本分)

豚挽肉
200g
鶏ナンコツ(先端の柔らかい部分)
50g
うずらの卵
20個
太ネギ
1本
1かけ
鶏卵
1個
大さじ1
2つまみ
大さじ3
大さじ2
○酒
大さじ1

1

写真

うずらの卵をゆがきます。
水煮を使う時にはこの行程はとばせるので楽なのですが、生の方が半分程度のお値段で安いので生を使いました。

2

写真

ゆがいたら殻をむいておきます。
今回は一串に4個づつ包んだので20個ですが、一串の個数はお好みで加減して下さい。

3

写真

ナンコツはうちは三角になっている先端のちょっと柔らかめのところだけを使い、残りはナンコツの唐揚げなどに使います。先端をきりとって50gほどつかいます。それを包丁で丁寧に粗みじん切りにしていきます。

4

写真

ボールに、挽肉、みじん切りにしたナンコツ、みじん切りにした太ネギ(白いところも青いところも全部です)、すりおろした生姜、鶏卵、塩を入れてよくこねます。
粘りが出てきたら、片栗粉も入れて更に粘りが出てくるまでよくこねます。

5

写真

形成します。つくねの種を5つに分けます。その分けた種の一つの2/3ほどをとって手の平の上に長く平らに伸ばします。その上にうずらの卵を4つのせてぎゅっと押し込み、うずらの卵の上に、のこしておいた種の1/3をのせながら下の種と合わせていきます。

6

写真

⑤で、うずらの卵を入れて形成したつくねの種を、油をひいて温めておいたフライパンにのせていきます。中火でじっくりと焼いていきます。

7

写真

ひっくりかえして反対の面を焼きます。

○印のついた調味料をコップなどで混ぜ合わせます。
両面に焼き色がついたら混ぜ合わせた調味料をフライパンにいれます。

8

写真

調味料をフライパンに回しかけたら、
オーブンペーパーなどで落し蓋をし、調味液に粘りが出てくるまでよく煮詰めます。
反対の面も裏返して煮汁を絡めます。
焼きあがって粗熱が取れたら串をさします。(細いものなら2本さすと安定します)

コツ・ポイント

コツは太ネギをたっぷり一本分みじん切りにしていれる事かな?
後、ナンコツのみじん切りはうちでは絶対にはずせません。
あと、焼くときには最初にフライパンと油をなじませておき、つくねの種がくっつかないようにしておくと形がくずれません。

このレシピの生い立ち

週末に、夜桜を見に行ったのですが、その時に、いつものようにつくねに黄身をつけながら食べるのは無理そうだったので、うずらの卵を中に入れてみました。いつものつくねより手が込んでる感じがして、イベントに合いそうです。夫にも好評でした♪
おうちで食べる時は串はあってもなくてもいいと思います♪
レシピID : 546146 公開日 : 08/04/07 更新日 : 09/01/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」