じゃこ天

じゃこ天
愛媛の味をお届けします。(^-^*)♪ハランボやエソという名の白身魚のすり身を油で揚げた、愛媛県南予地方の特産品じゃこ天を作ってみました。手作りなので添加物は使用しません。揚げたての熱々に醤油をちょちょっとつけて食べます。お酒必須。

材料 (4枚分)

白身魚のすり身
200g
ちりめんじゃこ
大さじ1~2
サラダ油
適量
1/3個
小麦粉
大さじ1
少々

1

写真

松山のスーパーにはこういうものが売ってます。今回使った魚は【エソ】です。なければタラ等、他の白身魚のすり身を使用してくださいね。

2

写真

じゃこはフードプロセッサーにかけ(すり鉢を使って細かくしてもいいですよ)、白身魚のすり身・小麦粉・卵・塩と共に固めに練り、混ぜ合わせる。 ★重要なポイント★本当に固めに根性を入れて練ってください。→フードプロセッサーを使用してもいいです。

3

写真

2のすり身ネタを1枚分ずつに分け、それぞれ手で形を整える。熱したサラダ油で揚げる。いい色合いに揚がれば完成。
★薄めに広げて形を整えた方が表面積が多くって揚げ上がりがいい感じになります★

4

写真

原材料にタチ(白子)・ジャコ・ハギ・ハランボと記されてます。

5

揚げたてをそのまま食べてもよし、大根おろし&醤油で食べるもよし、醤油&一味唐辛子で食べるも良し、お好みの食べ方を楽しんでくださいね。

コツ・ポイント

白身魚はすり身の状態で売ってるものがおすすめです。もし切り身を使う場合はフードプロセッサー等ですり身にしてから使ってください。材料の魚は本来ハランボやエソやイシモチ等の雑魚を骨ごと使うのですが、じゃりじゃり感を出す為にちりめんじゃこを使用してみました。魚の種類なのですが、手順4の欄に原材料の写真を載せました。白身魚なら何でもいいと思いますよ。タラ等は比較的安価で売ってますね。

このレシピの生い立ち

クックのメンバーさんのお友達【いいくん】とじゃこ天の話で盛り上がったことがあります。じゃこ天は愛媛では普通に売ってるのですが、なかなか他の地区では購入が難しいです。そこで家庭でも簡単に作れないかと思案してみました。材料もスーパーで手に入るもので、しかも簡単に作れる製法を考えて見ました。
レシピID : 546326 公開日 : 08/04/08 更新日 : 08/04/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

5 (5人)

18/09/05

写真

とても美味しく簡単にできました。ありがとうございました。

hanano

愛媛の味お試しありがとう~

16/08/12

写真

牛蒡をくわえて♪ 意外と簡単で、美味しかったです!

mochimaru☆

ごぼう入り美味しそう^^素敵なレポありがとう~

11/01/15

写真

かたくなっちゃたけど、お味噌汁に入れたら◎でした^^

えみりぃさん

手間のかかるレシピをお試しありがとうございます。

09/06/05

写真

おつまみに♪ジャコがいい仕事しててウマっ☆揚げたてたまりません♡

てぃぐまな

このレシピにつくれぽ頂けるなんて♪愛媛人として至福の幸せです