白樺樹液から白樺シロップ

白樺の樹液で作ったあっさりした甘みのシロップ。100分の1の量になるまでゆっくり煮詰めるだけ。パンケーキやフレンチトーストに合います。

材料 (15~20ml)

白樺の樹液
1.5~2リットル
 
 

1

写真

ストレートの樹液はまろやかなミネラルウォーターのような味です。

2

写真

適当な鍋に入れます。沸騰させないので、ギリギリの高さまで入れても大丈夫です。

3

写真

弱火でゆっくり煮詰めます。6時間ほどかかります!!!浮いてくる白い泡のようなアクはすくって捨てます。

4

写真

液の量が減ってくると焦げやすいので、火力を弱めて気をつけます。液が鍋の底1~2センチになると色づいてきます。

5

写真

味をみてメープルシロップのように甘くなったら出来上がり。スタート時の100分の1くらいの量になります。

6

意外に粘り気があるので、鍋から容器に移すときにせっかくのシロップが鍋の底に残ってしまいます。ゴムベラで取るとよいでしょう。

コツ・ポイント

・生の樹液は酸化したり痛みやすいので、フレッシュなものを使いましょう。事前に色と匂いと味を確かめると良いでしょう。・沸騰(大きな泡がボコボコ出る状態)させると、いやな苦味と酸味が出ておいしくありません。湯気が立つくらいの状態で気長に水分を飛ばします。・減ってくると焦げ付きやすいので、火力を弱めます。・時間がかかるので、お出かけの予定のない時に!

このレシピの生い立ち

樹液を採集できる白樺が身近にあったので、実験的にやってみました。白樺樹液の糖はメープルに比べて低温で焦げるという情報もあり、ためしに長時間沸騰させたら、いやな苦味と酸味が強く出てしまいました。この理由のため焼き菓子への使用は不安ですが、いずれ試してみようと思います。
レシピID : 546631 公開日 : 08/04/08 更新日 : 08/04/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

10/04/09

First tsukurepo mark
写真

ストーブで煮詰めて…綺麗なシロップができました♪

すみっき〜

ストーブ、燃料の無駄がなくて◎ですね。綺麗なレポありがとう!