海鮮餃子:餃子のコツ

海鮮餃子:餃子のコツ
包み方も焼き方も、ちょっとしたコツさえつかめば簡単です。
海老を使うことでぷりぷりした食感を楽しめます。

材料 (2人前)

むきえび
20個くらい
貝柱
中2個くらい
キャベツ
1/10個くらい
たけのこ
1/8個くらい
ニラ
1/4把くらい
長ネギ
1/5本くらい
醤油
後述
ひとつまみ
胡椒
少し
砂糖
少し
少し
少し
卵白
1個分
餃子の皮
2人で食べられるだけ

1

写真

むきえびは解凍して細かく切り、卵白・片栗粉・塩・胡椒でよく揉んでおきます。

2

写真

キャベツは千切り、ニラ・長ネギ・タケノコはみじん切りにして、賽の目に切った貝柱と1で揉んでおいた海老と合わせます。
このとき、醤油を一回し、砂糖をひとつまみ、ごま油を少し垂らして混ぜます。
味をみて調整してください。

3

写真

あまりたくさん入れると破裂するので、これくらいの量がちょうどいいです。

4

スミマセン、包み方の自作GIFアニメがうまくアップロードできないので、よかったらhttp://nyatto.up.seesaa.net/image/gyoza.gifを見てください。
和裁の手縫いと同じような感じです。

5

写真

こんな感じになります。

6

写真

通常スーパーで売っている30枚入りを全部作るとこんなになってしまいます。
2人前の場合は半分で十分です。
皮を作るときは、薄力粉:強力粉=1:1で水を加え、塩と味噌を少し入れて練り上げ、1時間ほど冷蔵庫で寝かせるといいです。

7

写真

サラダ油を多めに敷いて餃子を並べます。油が少ないと焼き目がきれいになりません。なお、ごま油はまだこの時点では敷きません。
最初は強火です。
少し裏を見て焦げ目がつきだしているのを確認したら、水を大さじ1~2杯入れます。入れすぎ注意。

8

写真

蓋をしてしばらくすると、皮が透き通ってきます。焦げ付いていてうまく返せない場合はもう少し蓋をして待ちます。無理に返さないのがポイントです。右側の列は油が足りなかったときの例です。
ここで最後にごま油を一回しすると香りが立ちます。

9

写真

海老を揉むときに卵白だけを使用するため、残った卵黄で中華スープを作ると無駄が無くていいと思います。

コツ・ポイント

まず海老を塩・胡椒・卵白・片栗粉でよく揉むことで、臭みが取れてぷりぷりした食感も出ます。
味付けは必ず味見をしてください。分量だけに頼るとしょっぱすぎたり色々あります。
包む時は具が少なすぎると思えるくらいにしておかないと破裂することが多いです。
焼く時は「油は多め、水は少なめ」がポイント。水が多いとべちゃべちゃになってしまいます。

このレシピの生い立ち

以前サライかなにかの記事で読んだ味付けを自己流にアレンジして長いこと作っています。
レシピID : 547695 公開日 : 08/04/09 更新日 : 08/04/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

16/02/22

写真

こんな感じになりました! 包めば完成〜〜♡

ダイナ大左衛門

おおっと!焼き上がりはどうでしたか?作ってくれてありがとう!

09/04/24

First tsukurepo mark
写真

水分が多いネタになり包むのは大変で薄味でしたがおいしかったです♪

ぽちくん♂

上手く焼けてますね!自分のよりおいしそうですーヽ(゚∀゚)ノ