第33の隷使緋:ソラマメナガタニエル

第33の隷使緋:ソラマメナガタニエル
さやを開けると、西川の布団かと思うほどふわふわの中綿で厳重に保管された”そら豆”。白いくちばしのような部位が若干気持ち悪い”そら豆”。尻みたいな部分のある”そら豆”。こいつをお茶漬けの素で炊いたご飯に混ぜ、おいしくいただく。

材料 (2合分)

そら豆
8さや(24個)
お茶漬けの素
2袋
ご飯
2合
大さじ2
カップ1/2

1

【そう、そら豆には心がある】そら豆をさやから取り出す。1.5㍑の湯に塩と酒を入れ、そら豆を2分半茹でる。茹で上がったら、常温で放置し、冷めたら皮を剥いておく。

2

【そう、ご飯には心がある】炊飯器でご飯を炊く用意をし、お茶漬けの素(今回は海苔)を2袋、固まらないようにふりかける。普通通りご飯を炊く。

3

【大丈夫、わたしが混ぜるもの】炊き上がったら、お茶漬けの素の緑の粉が溜まっているところがあるので、しゃもじで切りながら散らす。炊飯器にそら豆を入れ、なるべく豆を壊さないよう混ぜる。10分保温で放置して、できあがり。

コツ・ポイント

ナガタニエル一族の亜種。そら豆とともに炊いてしまうと、そら豆がグロく破壊されてしまう。お茶漬けの素は炊きはじめから投入するので、さすがにあられも破壊されてしまい、ちょっと残念。

このレシピの生い立ち

そら豆を20莢も手に入れてしまい、素食いの限界に達した。
レシピID : 550171 公開日 : 08/04/13 更新日 : 08/04/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/05/29

First tsukurepo mark
写真

エダマメナガタニエルですみません。3合炊いちゃいました!!ウマ!

Arisa-O

新種ありがとござます!逆に今度試させていただきますです。