イタリアン風パプリカのご飯詰め

イタリアン風パプリカのご飯詰め
冷蔵庫の残ったごはんに、トマト、バジル、パルメザンチーズなどを加え、パプリカに詰めてオーブンで焼きました。イタリア風の一品に早変わりです!

材料 (二人分)

パプリカ
大2個
冷ご飯、レンジで温めておく
大きめの茶碗1杯分
大さじ1
たまねぎ、みじん切り
半分
にんにく、みじん切り
1かけ
トマト、皮をむき種をとりみじん切り
中1個
ピザ用チーズ
半カップ
パルメザンチーズ
大さじ3
バジル、葉のみ、みじん切り
1/4カップ
パセリ、葉のみ、みじん切り
1/4カップ
塩こしょう
適宜

1

オーブンを180度で予熱。パプリカのなり口とへたを残したまま縦半分に割り、種を取り除いて中を洗い、キッチンタオルで水気を拭き取っておく。

2

フライパンにオリーブオイルを引き、たまねぎを炒める。8〜10分、色目がつき独特の良い香りが漂うまで炒める。にんにくを加え、さらに1〜2分、炒める。

3

2と、残りの材料をご飯に加え、塩こしょうして全体に混ぜ合せる。

4

3を4等分してパプリカに詰め、約30分オーブンで焼く。写真はオレンジ色のパプリカですが、赤いパプリカを使うと、色鮮やかに仕上がります。

コツ・ポイント

チェダーチーズの固まりがあれば、おろしたてをピザ用チーズの代わりに使って下さい。よりチーズの風味が楽しめます。パルメザンチーズについても同様です。粉になったパルメザンチーズを購入されるのであれば、筒入りのドライなものではなく、生パルメザンチースをお買い求め下さい。チーズやバジルの量は、お好みで増やして下さい。ちなみに我家では、上記の2倍近い分量で作ります。

このレシピの生い立ち

英語のレシピ本『Cooking: a commonsense guide(料理の常識)』の中で紹介されているレシピを参考に、ご飯が主食の日本で必ず残る冷飯の利用法、日本のスーパーで入手出来るものを考慮し、レシピに手を加え我家の味にしました。
レシピID : 550229 公開日 : 08/04/13 更新日 : 09/05/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

5 (5人)

18/11/10

写真

パセリ入れ忘れて後から投入です笑 とてもおいしかったです^_^

ushima

作って頂いてありがとうございます。感謝!

18/09/13

写真

次はオレンジか赤のパプリカで作りたいなぁ〜♡♡レシピ感謝です!

R1NR1N

ありがとうございます。私も近日中に作ります。

13/05/03

写真

焼けたパプリカとご飯とチーズの相性抜群で美味でした♡

ララchan

パプリカ甘くて美味しいですよね。つくれぽ有難うございました。

10/03/04

写真

パプリカに詰めると豪華になりますね♪クリスマスで作りました♪

きっくママ

クリスマスに!とっても良い案ですね。有り難うございました!