カブの葉とシーチキンの塩胡椒炒め

カブの葉とシーチキンの塩胡椒炒め

Description

ニンニクとエノキダケがポイントです。
エノキダケが片栗粉を入れたようなとろみをつけてくれます。

材料 (4人)

カブの葉
5株分くらい
シーチキン
1缶
エノキダケ
1/3〜お好みで
白菜
1/6くらい
塩胡椒
適量

作り方

1

白菜を葉と芯に分けて、葉は手でちぎり、芯は2センチくらいの斜め切りに。
カブの葉は、5センチくらいに切る。

2

ボールに硬い部分から順次、フライパンに入れやすいように入れる。
下は、白菜の葉。次にカブの葉、カブの茎、白菜の芯の順で。

3

エノキダケは、食べやすいサイズにほぐすか、縦に包丁を入れて小分けにする。ニンニクは、スライス切りに。

4

火をつける前にフライパンに分量外のオリーブ油等の好みの油を適量、ニンニクを入れる。

5

弱火から弱めの中火にして、ニンニクから香りが出るまで待つ。
香りが出たら、少し火を強くして、白菜の芯から炒めていく。

6

全体的にしんなりしてきたら、シーチキンを入れる。
全体に温かくなったら、塩胡椒を入れて、味を整えて完成です。

7

お好みで、ネギを散らしたり、七味や一味唐辛子を振ってください。

コツ・ポイント

硬い部分から炒める事とエノキダケを入れる事です。
白菜から甘味が出ます。
シーチキンは、油なしと油入りのものがあります。油入りの時は味が濃くなりますので、塩胡椒とシーチキンの油を調整してください。

このレシピの生い立ち

焼きカブを使った後に葉を使いたくて。
あまり味を濃くしたくなかったので、野菜の甘みとシーチキンに頼って作ってみました。
レシピID : 5508823 公開日 : 19/02/15 更新日 : 19/02/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」