水種法で花型パン

水種法で花型パン
水種法でじっくり作ったパンです。小麦粉がちがうとこんなに出来上がりがちがうかびっくりです。

材料

<水種>
50g
サフドライイースト
ひとつまみ
<本捏ね>
牛乳と全卵1個
110g
砂糖
18g
3g
ケーキ用マーガリン
10g
サフドライイースト
1g

1

水種材料をタッパにいれ、スプーンでグルグル混ぜ、室温に1時間おいてから、一晩冷蔵庫へ。

2

本捏ね材料と水種を、ホームベカリーで15分ほどこね。途中で10分のオートリーズを入れました。

3

室温でじっくり一次発酵。発酵後、8分割して、ベンチ15分。丸めなおして、丸いケーキ型へ。

4

二次発酵は、お出かけ時間を調整するため、冷蔵庫で3時間後、テレビ上で1時間20分。

5

トップに豆乳をぬって、アーモンドプードルをかけ、200度予熱で180-170度で27分。途中、焦げすぎないようにアルミ箔をのせました。

コツ・ポイント

水種法で、ゆっくりのんびり、作りましょう。小麦粉にこだわると、今までとは違った発見ができます。

このレシピの生い立ち

たまたま買った小麦粉「タイプ65」。通常の強力粉にくらべ、2倍もするもの。ふわっと、軽い雰囲気だけれども、たべると、しっかりした弾力があり、生地目もいままでのものとは違います。小麦粉の種類でこんなに違いが出るのか、とびっくりしました。
レシピID : 550884 公開日 : 08/04/14 更新日 : 08/04/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」