鶏モモ肉のソテー ラタトゥイユ添え

鶏モモ肉のソテー  ラタトゥイユ添え
しっとり、ジューシー、皮カリカリ!簡単に作れるソースを添えて本格的なフランス料理をご家庭で。

材料 (4人分)

鶏モモ肉
4枚
適量
黒胡椒
適量
サラダ油
少量
適量
粒マスタード
20g
ラタトゥイユ
パプリカ(赤)
1個
パプリカ(黄)
1個
ズッキーニ
1本
茄子
1本
玉ねぎ
1/2個
1片
1/2本
1本
トマト缶
100g
シェリービネガー
小さじ1

1

鶏モモ肉の厚い部分を開き、均等な厚さにし、筋と軟骨を取る。

2

鶏モモ肉に対して1%の塩を振り、最低1時間、できれば一晩置いておく。
(例)鶏肉一枚が300gなら3gの塩

3

ラタトゥイユを作る。パプリカ、ズッキーニ、茄子、玉ねぎを2cm角に切る

4

フタができる深めの鍋に、オリーブオイル、押しつぶしたにんにく、鷹の爪を入れ、にんにくが薄く色づくまで弱火で加熱する。

5

鍋に玉ねぎ、パプリカを入れ、塩を振り、弱火でしんなりするまで炒める。

6

ズッキーニ、茄子をフライパンにオリーブオイルを入れ、強火で炒め、鍋に移す。

7

つぶしたトマト缶、シェリービネガー、タイムを入れ、強火で沸騰させて、弱火にし、フタをして5分煮る。

8

5分蒸らして、ふたを取る。
ラタトゥイユは作りやすい多めの分量なので余ったら、冷やして前菜としてもおいしい。

9

鶏モモ肉の水分をふき取り、テフロン加工のフライパンにサラダ油を少量入れ、鶏モモ肉を並べてから、弱火にかける。

10

皮がカリカリになったら、裏返し火を止めて、黒こしょうをふり、余熱で火をいれる。

11

鶏モモ肉に火が通ったら、取り出し、フライパンに肉汁が残っているので、そこに粒マスタード、パセリのみじん切りを入れる。

コツ・ポイント

鶏モモ肉に1%の塩を振り、最低1時間、できれば一晩おくことで、やわらかく、ジューシーに仕上がります。
ラタトゥイユは、炒めてコクを出し、短時間煮込み食感を残す。タイムは無くても作れます。シェリービネガーは他のワインビネガーや米酢で代用可。

このレシピの生い立ち

人体の塩分濃度は0.9%、それに近い塩分濃度がおいしいと感じる塩の量です。食事中に飲み物で薄まることを踏まえて、おいしい塩の量は1%と私は考えます。
塩の上手な使い方を覚えて、普段の料理がさらにおいしくなりますよ。
レシピID : 5524919 公開日 : 19/03/25 更新日 : 19/03/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」