カリフラワーと小エビのバジルマヨサラダ

カリフラワーと小エビのバジルマヨサラダ
カリフラワーはキャベツを品種改良した野菜で、花のつぼみの部分を食用としているそうです。
熱を通してもビタミンが壊れにくく、繊維質も多いお野菜なので、美肌+整腸効果が期待できそう♪

材料

カリフラワー
10房
小えび
10匹
マヨネーズ
大匙1.5
バジルの葉
中3枚
大匙1(10~20粒程度)
小さじ4分の1
コショウ
適宜

1

カリフラワーを房と茎の部分にわけます。茎の部分は薄くスライスしておきます。

2

お湯を沸かし、塩を一つまみ入れ(分量外)、えびと①のカリフラワーを3分茹でます。茹で上がったらザルにあげ、荒熱をとっておきます。

3

バジルの葉をみじん切りにし。塩、オリーブオイル、マヨネーズと和え、ソースを作ります。

4

②の荒熱が取れたら③と松の実を入れて混ぜ合わし、仕上げにコショウを加えて完成です。

5

今回はイタリアンパセリをあしらって緑で彩りを添えてみました。バジルの残りや、トマトで彩りを加えてもよさそうですね。

コツ・ポイント

バジルが手に入らなければ、③の手順を市販のバジルソース+マヨで代用してもOKです。

このレシピの生い立ち

彼氏さんの実家から頂いた(ワイルドなw)カリフラワー。普段食べないので、どう使えばいいのか思いつかなくてw
あので、普段やるブロッコリーと海老のサラダを参考に、アレンジを加えて作ってみました。
レシピID : 553232 公開日 : 08/04/17 更新日 : 08/04/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」