がめ煮がカレーにはや代わり

残り物のがめ煮とカレールー、フライパンを使った簡単でかつ野菜も取れる健康的なカレーです。

材料

がめ煮(筑前煮)の残り物
適量
玉ねぎ
1/2個
カレールー(なるべく中辛か辛口)
適量
白ワインまたは日本酒
1/2カップ
1カップ
チャツネ(あれば)
大さじ1
ココア(あれば)
小さじ1
牛乳
1/4カップ

1

玉ねぎはみじん切りにし、残り物のがめ煮はレンジで暖めておく。

2

フライパンにバターをいれ、ためねぎをあめ色になるまでいためる。

3

2にがめ煮を加え、ある程度なじんだら、白ワイン(日本酒)をいれ香りをつける。

4

3に水を加え、ひとにたちしたら、カレールーを入れる。

5

カレールーが解けて、具となじんだら、お湯にといたココアとチャツネを加え、最後に牛乳を加えて、できあがり。

コツ・ポイント

・フライパン一つで短時間でできます。
・フライパンはテフロン加工がいいです。
・玉ねぎはバターでよーくフライパンで炒めてください。・カレールーはお子様には甘口が良いと思いますが、何しろ私が作るがめ煮にみりんをたっぷり入れてかなり甘味があるので、甘口よりも中辛の方がが味のバランスが良くなります。
・ココアを入れるとコクがでます。

このレシピの生い立ち

このレシピは、残り物を頂く毎日が続いたため、何かいい方法はないかと思いついて作ったものです。最初は肉じゃがで試していましたが、がめ煮でもどうかと思い、作ってみたら意外にいけました。具はもともと火が通っているし、おまけに下味がついているのであとはカレールーを入れるだけですが、入れるだけでは味にまとまりがないため、ためねぎをいためたり、ワインを入れたりしていると味がまとまってきました。
レシピID : 554320 公開日 : 08/04/18 更新日 : 08/04/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」