スイスチャード&チョリソのエンパナーダ

スイスチャード&チョリソのエンパナーダ

Description

ガリシアの伝統パイ『エンパナーダ』。長年探してやっと満足の出来る生地レシピを発見。具はスイスチャードとチョリソ。

材料 (1個分)

薄力粉
350g
牛乳
100ml
ピメントン
小さじ1
海塩
小さじ1
スイスチャード
300~400g
玉ねぎ(みじん切り)
小1個
チョリソ
1本~2本
甘栗
6個

作り方

1

写真

薄力粉にミルクとオリーブオイル、ピメントン、塩の順に材料を加えて、よく混ぜる。べたつく生地ではないので、こね易い生地。

2

写真

ピメントンの量は好みで調整可能です。小さじ1は最低量。よく混ざったら生地は、20分寝かせる

3

写真

ピメントンはスモークパプリカで、スペイン独特の唐辛子パウダーです。おすすめはこちらの写真のピメントン。

4

写真

生地は2等分にし、耐熱容器に薄く伸ばして敷く。丸型ならは22cmから24cmの型を使う。スイスチャードは小さくカット。

5

写真

スイスチャードは軽くゆがき水分は取り除く。フライパンで玉ねぎをオリーブオイルでよく炒め、チャードも加え馴染ませる。

6

写真

4の具はパイ生地の上に敷き、その上にスライスしたチョリソを並べ、最後に甘栗を砕いて並べる。甘栗は市販の甘栗。

7

写真

残りの生地で蓋をし、中心に100円玉くらいの穴を空けておく。溶き卵をパイの表面に塗り、180度のオーブンで45分焼く。

8

写真

生地は上下をしっかり閉じる。上記は中心の穴から出るようにする。少し冷ましてから食べると美味しい。

コツ・ポイント

オーブンにもよりますが、パイを焦げないようにするには、溶き卵は20分くらい焼いてから塗るとよい。チョリソはスペイン産のものが適していますが、ない時はチャードを炒める時に、スペイン産のピメントンを使いスモーキーな香りにする。量は好みで調整。

このレシピの生い立ち

ガリシア地方の定番料理。冷凍のパイ生地を使っても出来ますが、パイ生地をホームメイドにすることが違いを作るポイント。具は肉、魚、シーフード、野菜と、ピザのように無限に作れます。具はなんでもOKです。生地にピメントンを入れることが重要。
レシピID : 5556900 公開日 : 19/03/16 更新日 : 19/03/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

19/10/31

First tsukurepo mark
写真

エンパナーダをお家で作ったの初めてでした!チョリソー美味しい。ごちそうさまです!

くいしんぼ姫