湯種法で塩バターロール(塩パン)

湯種法で塩バターロール(塩パン)

Description

パン屋さんでつい買ってしまう塩パンを湯種法で作ってみました。1日たっても、パサパサになりずらい生地です。

材料 (6つ分)

★湯種生地★
40g
砂糖(きび砂糖)
4g
3.6g
熱湯
40g
☆本捏生地☆
インスタントドライイースト
2g〜3g
砂糖(きび砂糖)
10g
生地用の無塩バター
14g
75〜90g
包む用の有塩バター
1つに8〜10g
トッピング用の岩塩や粗塩
お好みで

作り方

1

写真

★湯種生地作り★
強力粉、砂糖、塩を混ぜ合わせ沸騰したての熱湯を加えてゴムベラで捏ね混ぜる。

2

混ぜ終わったら、粗熱をとりラップをして冷蔵庫で一晩寝かす

3

☆本捏ね生地作り☆
水とバター以外の材料を混ぜ合わせ、そこに水を入れ粉気がなくなるまでカードで混ぜる。

4

写真

そこへ、一晩寝かせた湯種生地をカードで切るように混ぜ合わせる。

5

捏ね台の上に出し手のひらで引き伸ばすように生地を合わせた後、叩きながら捏ねる。

6

写真

生地がまとまってきたらバターを潰し入れ、引き伸ばし捏ね→叩き込捏ね。

7

写真

つるんとハリがでれば捏ねあがり。
30度くらいの所で2倍になるまで発酵する。

8

写真

発酵後軽くパンチしガスを抜く。
分割し15分ほどベンチタイム

9

写真

ベンチタイム後、雫のような形にし5分ほど休ませる。
その間にバターを細長くカットする。

10

写真

バターを包みながら、ロールパン型に成形。
バターが溢れすぎないように巻き始めはしっかり目に。後はゆったりと。

11

写真

35度で2倍ほどの大きさになるまで2次発酵する。
写真は発酵前。

12

写真

焼く前に霧吹きをし、トッピングの塩をパラリ。
今回は塩なし霧吹きのみ。
写真は発酵後。

13

写真

210度に予熱したオーブンで13〜15分ほど焼く。
焼ける1分前に霧吹きをかけるとパリッとします。

14

写真

溶け出したバターで、底がカリッと。

15

コツ・ポイント

●水分が多めで緩めの生地なので叩きながら捏ねる。
●成形する時くっつくので軽く打ち粉をする。
●次の日食べる場合、アルミホイルをかぶせてトーストすると焦げずにカリっとおいしくなります。

このレシピの生い立ち

食パンのあまり生地で作った塩パンの美味しさに感動。歯切れがいいように準強力粉を使い、次の日でも美味しく食べられるように湯種法にしました。
レシピID : 5557842 公開日 : 19/03/16 更新日 : 19/07/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

19/06/29

First tsukurepo mark
写真

扱いにくい生地で大変(><)でもとっても美味し〜〜(^ω^)♡

hanausa82

水分量多めなので扱いにくいですよね;つくれぽありがとうデス!