☆本格的なラムカッチビリヤニを作ろう☆

☆本格的なラムカッチビリヤニを作ろう☆

Description

インドの炊き込みご飯「ビリヤニ」の中で、マリネした生肉を使った「カッチビリヤニ」です。今回はラムチョップを使用。

材料 (5〜6人分)

グリーンカルダモン(A)
5粒
クローブ(A)
5個
シナモンスティック(A)
1本
塩(A)
40g(水の分量の2%)
2リットル
バスマティライス
3カップ
ラムチョップ
500g
マリネ液( レシピID:5561385
適量
フライドオニオン
50g
ビリヤニマサラ( レシピID:5558726
小さじ1
ギー(又は無塩バター)
30g
牛乳
大さじ2
1つまみ
小麦粉(分量外)
適量
ぬるま湯(分量外)
適量
パクチー(またはイタリアンパセリ)
1束

作り方

1

写真

バスマティライスをさっと洗い、たっぷりの水に40分浸けておきます。

2

写真

鍋に水を入れ、(A)を投入します。

3

写真

湯が沸いたら水を切ったバスマティライスを入れ、再沸騰するまでは強火で、再沸騰したら中火にします。

4

写真

少し温めた牛乳にサフランをつけておきます。

5

写真

厚手の鍋にオリーブオイルをひきます。

6

写真

オリーブオイルをひいた鍋底にマリネ液で一晩マリネしたラムチョップを満遍なく敷きます。

7

写真

フライドオニオンの半量、ビリヤニマサラの半量を加えます。

8

写真

③で再沸騰してから2分経って固茹で状態になっているバスマティライスの1/3をザルなどで湯切りして肉の上に敷き詰めます。

9

写真

フライドオニオンの残り全部とビリヤニマサラの残り全部、ギーの半量を加えます。

10

写真

③で再沸騰してから6分経って八分茹でになっている残りのバスマティライスを敷き詰め、残りのギーとサフランミルクを加えます。

11

写真

鍋の中の層はこんな感じになっています。

12

写真

鍋を密閉するために鍋の縁に小麦粉をぬるま湯で練って作った生地を伸ばし貼り付けます。

13

写真

鍋の蓋をギュッと押さえつけ鍋を密閉したら、強めの中火に5分かけ、その後弱火で18分、最後は火を消し15分蒸らします。

14

写真

蒸らし終わったら鍋の縁の生地を取り除き蓋を開け余分な蒸気を逃がします。

15

写真

大皿にパラパラとバスマティライスを振りかけるように盛り付けて完成です。

16

写真

小皿に取り分けて美味しくいただきましょう♪

コツ・ポイント

ビリヤニを美味しく作るポイントは何と言っても水分量の調整。マリネしたラム肉の近くは水分が多いのでそこには固茹での米を敷き詰め、上の方には八分茹での米を敷くことでムラなく炊き上がります。あとは自分が使う鍋の火の回りの特性を知っておきましょう。

このレシピの生い立ち

グレービー(いわゆる煮込んだ肉入りカレーソース)を使ったカレーピラフみたいなビリヤニ(パッキビリヤニ)はよく見かけますが、生肉(カッチ)から作るビリヤニはあまり見かけないので自分で作ってみました(*´ω`*)
レシピID : 5563987 公開日 : 19/03/20 更新日 : 19/03/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」