大野城 鶏ぼっかけ(大野城こども食堂)

大野城 鶏ぼっかけ(大野城こども食堂)

Description

大野城市で昔から食べられている郷土料理です。こども食堂用に、醤油を減らしてみました。
監修/大野城鶏ぼっかけ隊

材料 (50人分)

7リットル
鶏もも肉
4kg
120g(お茶パックに入れる)
えびす醤油(吟上)
650~700㏄
130cc
ご飯
50食分
薬味
ねぎ(小口切り)
適量
きざみのり(もみのりでも可)
適宜
ゆずこしょう
少々

作り方

1

鶏もも肉を小さめの一口大に切ります。

2

分量のお湯を沸かします。沸騰したら①の鶏肉を入れます。

3

しょうがを薄切りにして、お茶パックに入れ②の鍋に入れます。アクがたくさん出るので強めの火にかけながら取ります。

4

しょうゆ、酒を加えます。火を弱め、静かに沸騰させながら15〜20分程度静かに煮ます。

5

しょうがをパックごと取り出し、味見をして味を整えたら、ぼっかけ汁は完成です。

6

★盛り付け★
茶碗に軽くご飯をついだら、ご飯が見えなくなるくらいに、たっぷりと具と汁をそそぎます。

7

ねぎ、きざみのり(もみのり)をトッピングし、お好みでゆずこしょうを添えたら盛り付け完了です!

コツ・ポイント

その1
地元で定番の「ゑびす醤油」(九州風甘い醤油)。他メーカーの場合、みりんで甘みを加えて下さい。汁は少し甘みを感じる方がおいしいです。
その2
地元のおばあちゃんいわく「汁はざんぶりかけること」。お茶漬け風にさらさらといただきます。

このレシピの生い立ち

大野城市の家庭では昔から親睦の場のシメ料理や来客時のご馳走に、鶏の吸い物の汁をご飯にぶっかけた「ぼっかけ」と呼ばれる料理が食べられてきました。
ふるさとの味を広く永く伝えていくため、家庭でも作りやすいレシピをこども食堂用にアレンジしました。
レシピID : 5568943 公開日 : 19/03/26 更新日 : 19/03/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
コメントを書くには ログイン が必要です
×
「いいね」を伝えるには
ログインが必要です
ログインする
0 いいね