ゆで小豆缶&さらしあんでお好みあんこ〜♪

ゆで小豆缶&さらしあんでお好みあんこ〜♪

Description

あっ!あんこなかった〜そんな時の救世主〜♬
お好みで粒あん・こしあんに♡
レシピとは言えませが案外重宝しますよ〜^^

材料

ゆで小豆缶
今回は190gのものを使用
さらしあん
お好みの量

作り方

1

写真

今回使用した材料です。

2

写真

ゆで小豆缶はこのように水分が多く、パン用に使うには少しゆるいのでさらしあんを加え調整しています。

3

写真

さらしあんはこしあんの粉末。甘さを加えてないので、ゆで小豆缶をカサ増ししながらも甘さ控えめあんこが出来上がります。

4

写真

スケールに容器を乗せて使う分だけ小豆缶をあけてさらしあん少しずつ加えて下さい。

5

写真

今回190gのものを全てあけたら180gでした。さらにさらしあん40gを加え、スプーンでよく混ぜ220gのあんこが完成♪

6

パン生地に焼き込む場合はさらしあんの量を控え柔らかめに仕上げた方が生地に塗りやすいので用途に応じてご活用下さい♡

7

作ったあんこはお早めにお使い下さい。

甘さ控えめですので甘くしたい場合はお砂糖等で調整下さい。

8

写真

此方のあんこ使用で作った
「食パンで簡単に♪桜香るお饅頭」レシピID 5580221
もよろしかったら^^

9

写真

にきけんさんがドライあんこで早々にお試し下さいました!さらしあんとは比較にならないほどの風味と舌触りが良いものとのこと。

10

加糖されていないので此方も目にされた方は是非お試し下さいね♡

11

[追記]此方のレシピは茹で小豆缶の水分をさらしあんに吸わせるというものです。

12

さらしあんのみで餡子を作られる場合はパッケージ裏面をご参考に必ず加熱して練って下さいね。

13

写真

簡易的ですが
さらしあん25g 、水50cc強、砂糖 20g、塩少々、ラップ無しで500W50秒加熱でも90g程のこし餡

14

写真

が作れました。
加熱直後は水っぽいですが、時間経つと固まりますのでゆるめ仕上げが良いかと。

15

写真

レンジ加熱時間は機種により異なりますので最初から10〜20秒づつ様子みながら加熱して下さい。加熱し過ぎるとこんな感じに。

16

2019.04.18「あずき」の人気検索でトップ10入りしました♪
見て頂いた皆様ありがとうございます(*^^*)

17

2019.05.12
工程11〜15追記致しました。

コツ・ポイント

今回はあんパン用であんこを包み易いよう硬めに仕上げました。
スケールに容器を乗せ、小豆缶を入れたあと硬さをみながらさらしあんを加えていくと無駄なく必要な量が作れます。
粒をスプーンなどで丁寧につぶしていけばこしあんに近いものになります。

このレシピの生い立ち

ふとした時にあんこもの作りたくなるので缶詰めとさらしあんを買い置きしています。手作りあんにはかないませんが、必要な分だけ作れ、硬さも用途に応じて調整出来るので重宝しています。いつも目分量ですが今回目安に計量してみましたので参考になればと♡
レシピID : 5579934 公開日 : 19/04/03 更新日 : 19/05/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

11 (8人)

19/08/25

写真

runa③コラボ♡さらし餡で調整でき美味しいお汁粉に♬凄く便利☆

クックI7I5L1☆

きゃあruna③コラボ大感激♡南瓜団子美味しいよねお汁粉に嬉

19/08/23

写真

甘いの食べたくてさらしあんたっぷりのせて♪満足の甘さ、美味しい♪

夢夢555

よもぎお団子〜♡餡子たっぷり乗せ美味しそう♪ご馳走さま♡感謝

19/07/06

写真

ゆるめの小豆缶がポッテリいい感じ^^自分好みのあんこ嬉し美味し♡

Richland☆Y

わぁぽってりいい感じお試し頂け感激♡スプーンで食べたい笑感謝

19/06/21

写真

さらしあんでお好みのかたさに♬サンセット様塩きな粉アイスコラボ♡

坂東のしろうさぎ

サンセットs塩きな粉アイスにご活用頂け感激〜♡食べてみたい♬

ウメ吉さん 2019年04月10日 19:46
フジぽんさん♪

こんばんは。先ほどは小松菜レシピに素敵レポのお届けありがとうございました♡
いつも素敵なレポのお届けを頂き感謝の気持ちで一杯です(;;)

そしてこちらのレシピ、あんこ好きな私にとってはとっても気になるレシピです♡
早速作ってみたいのですが、今週は長女→小学校入学、次女→幼稚園入園とバタバタしておりまして。。。(;;)
また落ち着いたら作らせていただきます☆

いつもフジぽんさんの美味しいレシピにお世話になり本当にありがとうございます(≧▽≦)
それではまた。