鰹とひろうすの煮物

鰹とひろうすの煮物
生鰹の切身が定価の半額で投げ売りされていたので,すかさずゲット.ひろうす(がんもどき)とともに炊いてみた.

材料

鰹切身
8枚
ひろうす
小5個
1個
クレソン
1把
調味料
日本酒
100cc
大さじ4
大さじ1
砂糖
大さじ2

作り方

1

鰹切身は塩を振ってから熱湯をかけて霜降りにする.

2

ひろうすは熱湯で油抜きをしてから,半月に2等分する.

3

生姜は皮付きのまま薄切りにする.

4

クレソンは熱湯でさっと色よく下茹でする.

5

平鍋に水300ccを加熱し,調味料類をすべて投入してから,1 の鰹と 2 のひろうすを並べ,3 の生姜を加える.

6

沸騰したら中火にして,アルミホイルの落し蓋をしてから,半時間炊き続ける.煮汁が少なくなったら,スプーンで回しかける.

7

鰹とひろうすを皿に盛りつけてから,4 のクレソンを添えてできあがり.

8

写真

この一皿には〈風の森〉ALPHA Type 1 DRY がピンポイントで相性良し.

コツ・ポイント

中火でさっさっと炊き上げればよく,あまり気を使う料理ではない.余ったら冷蔵保蔵すれば常備菜として二三日はもつだろう.

このレシピの生い立ち

生鰹よりも半干しされた「生節(なまり)」の方が味わいがあってよいと思うが,関東だとフシギなことに生節があまり手に入らない.
レシピID : 5611546 公開日 : 19/04/20 更新日 : 19/04/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」