消化のお助け役に!京こかぶのピクルス

消化のお助け役に!京こかぶのピクルス
野菜ソムリエ考案レシピ。ピクルス液を使って漬け込むだけ。「野菜をあと一品」のときの作り置きレシピ。

材料 (作りやすい分量)

京こかぶ
2~3個
<ピクルス液>
・酢
200ml
・水
200ml
・砂糖
大さじ5
・塩
小さじ1
・黒粒コショウ
20粒
・刻み昆布
5g

1

京こかぶは食べやすい大きさのくし型に切り、皮を薄くむきます。

2

にんにくは皮をむき、鷹の爪は種を取り除いておきます。

3

鍋に酢、水、砂糖、塩、黒粒コショウ、ローリエを入れひと煮立ちさせます。

4

3が人肌程に冷めれば、にんにく、鷹の爪、刻み昆布と共に容器に入れて京こかぶを漬け込み、冷蔵庫で1日置きます。

コツ・ポイント

鷹の爪は種とワタが特に辛いので取り除きましょう。作業のときは手袋をしましょう。種類の違う野菜を漬けるときは容器を別にすると色が綺麗に仕上がります。京こかぶの葉は、ふりかけなどにしましょう。京こかぶの葉ふりかけ参照ID5615143

このレシピの生い立ち

胃の調子をととのえてくれるという実の部分。忙しくても毎日少しずつ摂取して疲れを残さないようにしましょう。冷蔵庫で1週間ほど保存できますので作り置きしておくと便利ですね。野菜ソムリエプロ<澤井真佐代>考案レシピ
レシピID : 5615086 公開日 : 19/05/22 更新日 : 19/05/22

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」