京こかぶの変わり天ぷら

京こかぶの変わり天ぷら
野菜ソムリエ考案レシピ。京こかぶを天ぷらにすると甘くて美味。衣を一工夫してみました。

材料 (4人分)

京こかぶ
2個(約300g)
青のり
小さじ2/3
しそふりかけ
小さじ2/3
適量
適量
(A)
・天ぷら粉
60g
・冷水
95g

1

京こかぶは茎を2cm残して縦に4等分にします。皮を薄めにむき、それぞれを放射状に3等分にします(計12コ)

2

(A)を合わせて2等分にし、片方に青のり、もう片方にしそふりかけを加え混ぜます。

3

1を2にくぐらせ、180度に熱した油で1~2分、衣がかりっとするまで揚げます。

4

器に盛り付け、青のり衣の方に、塩少々をふります。

コツ・ポイント

京こかぶに衣をつけたら、茎の部分を菜箸で掴んで油に入れると、衣が破れず綺麗に揚がります。普通の天ぷらにして、山椒塩でいただくのもおすすめです。

このレシピの生い立ち

蕪はすぐに火が通るので衣に揚げ色を付けない天ぷらにも向くと思い考案しました。旬の京こかぶは聖護院蕪と違い、皮がやわらかいのが特徴。ただし端境期などで固くなっている場合は、厚めに皮をむいてください。野菜ソムリエプロ<山村優佳>考案
レシピID : 5615103 公開日 : 19/05/31 更新日 : 19/05/31

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」