筍下処理完全マニアル‼︎ 筍ご飯編

筍下処理完全マニアル‼︎  筍ご飯編
春の柔らかい筍を下処理から作りました。
下処理後は、玄米と炊き込んだ 筍ご飯にしました。

材料

筍(小さめ)
二本
米ぬか
適量
2本
【筍ご飯】
筍処理済み
200g
700ml
小1/2
玄米(一晩浸漬)
3号
筍煮汁
700ml
筍煮
200g

作り方

1

写真

筍は米ぬかを必ず貰って下さい

2

写真

皮を2枚剥いて、先端を斜めに切ってよく洗う

3

写真

切り口に十字の切り込み入れる

4

写真

鍋に入れて米ぬかと唐辛子を入れて煮る

5

写真

アクを取りながら弱火で煮る
小サイズで60〜90分

6

写真

煮上がりは根元の硬いところに串を刺して、スーッと通れば良いです。

7

写真

このまま一晩放置してアクを完全に抜きます。
※待ちきれないので3時間で出しちゃいました。

8

写真

皮を剥いで、根元周りのカット面を除去したら、軸は銀杏切り、先は串切りにして調味料て5分程度煮る

9

写真

圧力鍋に玄米、筍、煮汁を入れて炊き上げる。
参考 筍ご飯、若竹煮、筍の味噌汁、絹さやと目玉焼き、明太子玉子焼き

コツ・ポイント

旬筍は香りが良いので、あまり濃い味にしないでかおりを楽しみましょう。あくを取るのが下処理の目的なので、煮る時間や放冷・静置時間はできる限り守った方が良いです。

このレシピの生い立ち

玄米は少し柔らかめの方が美味しく感じます。
兎に角面倒ですが、美味しいので是非やってみてください。
レシピID : 5647360 公開日 : 19/05/30 更新日 : 19/05/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」