ジャガイモのきんぴら

ジャガイモのきんぴら
【JAあいち豊田 料理教室】
食感いろいろ、いつもと違う‟きんぴら”

材料 (6人分)

ジャガイモ
240g
ニンジン
60g
アスパラガス
90g
しょうゆ
小さじ1と2分の1
マヨネーズ
小さじ2分の1
小さじ2分の1
サラダ油
小さじ1と2分の1
ゴマ
適量

1

アスパラガスは根元の皮をむいた後、5mmの斜め切りにする。

2

ジャガイモとニンジンは千切りする。ジャガイモは5分間、水にさらした後、水気をよく切る。

3

油を敷いたフライパンにジャガイモとニンジンを入れ、中火で5~6分炒める。

4

さらにアスパラガスを加え、2分炒める。

5

オイスターソース、しょうゆ、マヨネーズ、おろしニンニクを加え、強火で汁気が無くなるまで炒める。

6

皿に盛り付け、ゴマを飾って完成。

コツ・ポイント

豊田市産のジャガイモは、市内の学校給食に使われています。また、5月には豊田市産のニンジンとアスパラガスが市場に出回ります。

このレシピの生い立ち

ゴボウとニンジンのイメージが強いきんぴらですが、違う野菜を使ってもおいしいです。オイスターソースで、いつもと違う味に仕上げました。
レシピID : 5649324 公開日 : 19/05/16 更新日 : 19/05/16

このレシピの作者

豊田市では「地産地食」を推進し、食育に取り組んでいます。ここでは、豊田市の食材を使ったレシピを掲載しています。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」