父の日 親父と飲む日 鴨肉の柔らかソテー

父の日 親父と飲む日 鴨肉の柔らかソテー

Description

父の日に乾杯。ご年輩のお父様には、柔らかな鴨肉でお祝いしましょう

材料 (2人分)

鴨のもも肉
16~20片
白ネギ
1本
塩こうじ
大さじ1杯
少々
ブラックペッパー
適量
大さじ1杯
大さじ1.5杯

作り方

1

写真

鴨肉を用意します。
むね肉の方が形がよいのですが、今回は柔らかくするためにもも肉を使います

2

写真

もも肉の筋肉の筋の方向に直角に切れ目を入れます。深さは肉片の1/3が目安です。両面に入れましょう。

3

写真

下味をつけましょう。ボウルに塩こうじ、しょうがを入れて混ぜます。

4

写真

先程のボウルに肉片を揉みながら入れていきます。
1時間くらい漬け込みましょう

5

写真

肉の下味をつけている間に、ねぎを用意しましょう。
厚み2ミリで斜め方向に輪切りにします

6

写真

肉に下地がついたら、ブラックペッパーとごま油を混ぜます。

7

写真

火のついていないフライパンにごま油をひき、肉を並べます。

8

写真

コンロに点火し、火加減はとろ火。
フライパンに炎が届く程度にします。
油が跳ねだしたらねぎを縁にいれましょう

9

写真

肉の周囲が焼けてきたことを確認します。

10

写真

肉の上下をひっくり返します。
火はとろ火です。

11

写真

反対側が焼けたら、火加減を中~強火にし、肉とねぎを混ぜていきます。

12

写真

肉の赤みが消えたら完成です。お皿に移しましょう。
お皿にはねぎを丸く敷き詰めます

13

写真

お皿の中心に肉を盛ります。
二重・三重に積み上げていきましょう

コツ・ポイント

お肉を柔らかくし、口当たりを良くします
1) 切れ目をいれる
2) 塩こうじで柔らかくする
3) 火加減を落とし焦げ目をなくす

注意点は、下味をつけるときにごま油を最初から入れない事。油に塩がはじかれます。

このレシピの生い立ち

年に一度の感謝を込めて。
歯が弱くなった方にも鴨肉で乾杯!
よい父の日になる事を祈ります
レシピID : 5687096 公開日 : 19/06/08 更新日 : 20/05/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」