フライパンで焼くパン ソーセージパン

フライパンで焼くパン ソーセージパン
ソーセージを包んだ、フライパンで焼くパンです。

材料 (直径20㎝フライパン1台分)

スーパーキング(最強力粉)
90g
フラワー(薄力粉)
60g
国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)
7g
砂糖
10g
3g
45g
牛乳
50g
無塩バター(室温で柔らかくしておく)
12g
ソーセージ(6~7㎝程度の一般的なサイズのもの)
8本
細目パン粉
6~8g前後

作り方

1

写真

小麦粉・パネトーネマザー粉末(製パン用)・塩・砂糖は中位のボウルに入れて、軽く混ぜておきます。

2

写真

水と牛乳は30~40度程度の湯煎にかけてかき混ぜ、人肌程度に温めます。

3

写真

「2」に「1」の粉を加えて、ゴムベラでぽろぽろになる位まで混ぜます。

4

写真

ゴムベラについた生地は、ドレッジでそぎ落とします。

5

写真

手で「折りたたんで押す。」という感じで捏ねて、生地をひとかたまりにまとめます。(所要時間2~3分)

6

写真

ボウルにラップをするかフタをかぶせて、30~35度程度のお湯をはった鍋に浮かべて30分位置きます。

7

写真

「折りたたんで押す」という感じで生地を混ぜて、混ぜムラのある材料を混ぜ合わせます。(所要時間2~3分)

8

写真

無塩バター12gを生地にまぶし、指の間から何度も生地を握りつぶすようにバラバラにして、バターを全体にいきわたらせます。

9

写真

「折りたたんで押す」という感じで捏ね、バターをなじませます。(所要時間3~4分)

10

【補足】バターがある程度生地になじんでくると、生地が大きく割れたり裂けたりしなくなってきます。

11

写真

プラスチックまな板の上に生地を取り出し、プラスチックのガス抜きめん棒で5~7㎜位の厚みになるまで伸ばします。

12

写真

伸ばした生地を端から丸めます。

13

写真

次に伸ばしやすいように生地の向きを変えます。

14

写真

再度5~7㎜位の厚みになるまで伸ばします。 この「伸ばして丸める」という作業を5回位繰り返します。

15

【補足】めん棒で生地を伸ばす事で、圧力をかけて生地を捏ねるレシピ。回を重ねるごとに弾力が出てきますが、体重をかけると楽。

16

写真

ラップをするかフタをかぶせ、30~35度程度のお湯をはった鍋に浮かべて50~60分位置きます。

17

写真

2.5倍位になったら発酵完了です。

18

写真

プラスチックまな板の上に取り出し、ドレッジ(スケッパーでも可)を使用して、8等分に分割します。

19

写真

分割した生地は、手の中で転がしてガスを抜きながら丸く整えます。

20

写真

まな板の上に間隔をあけて並べたら、きれいな面を上にして、乾燥しない様に乾いたハンカチ等をかけて10~15分おきます。

21

写真

ガス抜き麺棒を使用して、きれいな面を下にして、ソーセージを包める程度の楕円形に伸ばします。

22

写真

生地の中央に、チューブの粒マスタードを少量絞り出します。

23

写真

マスタードの上にソーセージを置きます。

24

写真

ソーセージを包んで、開いてこないようにしっかりつまんでとじます。

25

写真

フライパンに薄く油を塗っておきます。
写真のように中央に穴が開くようにして、閉じた面を下にして生地を並べます。

26

写真

ガラスブタをかぶせてコンロに載せます。時々弱火で数秒温めて、フライパンの温度を「触るとぬるく感じる程度」に保ちます。

27

【補足】生地発酵なので、フライパンは熱くしすぎない事。
温度を上げすぎると生地の一部が焼けてしまいます。

28

写真

50~60分程度温かさを保ち、元の大きさの2~2.5倍くらいになったら発酵完了です。

29

写真

霧吹きで水をふいて生地表面を湿らせ、生地一つに付1g弱位のパン粉を載せて、生地上部に広げます。

30

写真

水滴をふいてからガラスブタの水滴をふいてフライパンに戻したら、まずはとろ火(極弱火)で7~9分程度焼きます。

31

写真

フライパン内部の温度が上がると、フタについた水滴が大きくなってきます。

32

写真

7~9分位焼いて蓋についた水滴が流れ始める位になったら、「30秒火を止め→30秒とろび」を5回繰り返します。(約5分)

33

写真

フライ返しで生地を持ち上げて、底面の焼き色を一度確認。焼色がうすければとろ火のまま焼き時間を増やして調節します。

34

【補足】焼色の確認やひっくり返す時以外、フタは開けないで。フライパン内部の温度が下がります。

35

写真

大き目の平たい皿を用意しておきます。
フライ返しを使って、皿に滑らせるようにして生地
をいったん取り出します。

36

【補足】焼き色がついていない部分は非常につぶれやすいので、上部をできる限りいじらないように作業しましょう。

37

写真

取り出した生地の上にフライパンをかぶせ、皿ごとひっくり返して生地をフライパンに戻します。

38

写真

生地中央の穴か、生地とフライパンの隙間から、ショートニング20gを落とします。

39

写真

フタをしてトロ火で4~6分位、程よい焼き色がつくまで焼きます。

40

写真

生地を取り出す前に、フライ返して生地を抑えて余分なショートニングを取り除きます。

41

写真

焼きたてが美味しいパンですが、時間をおいてから食べる場合はケーキクーラー等にのせておきましょう。

42

写真

【補足】生地は「フライパンでパン 焦がしベーコン包みパン」(ID : 5651283)と同じです。

コツ・ポイント

詳しくはブログの「フライパンで焼くパン 全般についての補足」を。
ソーセージは「御殿場あらびきポーク」を使用。

このレシピの生い立ち

フライパンのパンレシピをシリーズ化させています。
「国産小麦で作ったパネトーネマザー粉末(製パン用)」についてはHPぱねぱんクラブ参照。(富澤商店やママパン等で購入可)
京セラのセラブリッドフライパン20㎝を使用。
レシピID : 5695426 公開日 : 19/06/14 更新日 : 19/06/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」