簡単! 鯛飯&鯛茶漬け♪

簡単! 鯛飯&鯛茶漬け♪

Description

ちょっと贅沢な朝ごはん、、お酒の席のシメに、保温ジャーがあればなんとお弁当にも持っていける鯛飯&鯛茶漬けです♪

材料 (4人分)

鯛の切身(骨つき)
4枚
900cc
酒(純米酒)
50cc
出汁昆布
2〜3枚
醤油
2滴
適量
青シソ(千切り)
適量
【薬味】
ミョウガ
2個
三つ葉
2〜3本
適量
きざみ海苔
適量
白ごま
少々

作り方

1

写真

青シソは千切り、ミョウガは縦半分に切ってから輪切り、三つ葉は1.5cmくらいの長さに切る。
ID:5694855を参照

2

骨つきの鯛の切身の両面に塩(分量外)をふって5分ほどおき、魚焼きグリルで骨身から焼き、骨に焦げ目がついたら皮目を焼く。

3

写真

焼き上がったら骨をはずして身をほぐす。小骨が残らないように注意する。はずした骨や皮、細かい身は捨てずにとっておく。

4

鍋に水と出汁昆布を入れ、中火にかける。

5

写真

沸騰する直前に昆布を取り出し、沸騰したら純米酒と、2ではずした鯛の骨や皮などを入れる。

6

沸騰させて5分たったら醤油を垂らし、塩で味を整える。
盛りつけ用の器や別の鍋に、ザルで骨と身のくずを濾して出汁をうつす。

7

写真

茶碗にご飯をよそい、鯛の身、青ネギ、シソ、白ごまをのせる。
その他の薬味ときざみ海苔、出汁を添えて完成♪

8

鯛飯はそのまま食べてもいいし、薬味と出汁をかければ鯛茶漬けに。

9

お茶漬けにしない場合は、薬味を出汁に入れるとお吸い物になります♪

10

写真

保温ジャーに出汁を入れ、薬味を添えればお弁当にも!

コツ・ポイント

骨がついている側は焦げてもいいのでしっかり焼きます。醤油はほんの風味づけなので、出汁の色が変わるほど入れないこと。最終的な味は塩で整え、少し濃い目にするのかオススメ。水900ccで蒸発後800ccくらいとして出汁は一人200ccずつです。

このレシピの生い立ち

テレビで鯵のタタキと、おろしたあとの骨を焼いて出汁にしたお茶漬けをやっていたので、ただ焼くだけの鯛の骨つき切身でアレンジしました。
レシピID : 5697112 公開日 : 19/06/15 更新日 : 19/06/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」