そら豆の、ぽってりスープ

グリーンの、さわやかなスープです。さっぱりしているのに食べごたえがあるので、メインになれる一品です。冷やして食べても美味です。手が込んでそうに見えますが、手順通りに作ると時間のロスが無くて簡単です!

材料 (4人分)

そら豆
茶わん2杯分(さや無しで)
じゃがいも
小ぶりの4コ
たまねぎ
大きめの1コ
大きめの2かけ

1

にんにくを潰し器で鍋にしぼり出す (そのまま10分程度おくと、にんにくの抗ガン成分が熱でも壊れなくなるそうです*)そら豆をゆでる湯をたっぷりわかしておく

2

たまねぎを薄切りする。さや付きそら豆の場合、さやをとっておく。

3

にんにくにオリーブ油を回しかけ、フタをして弱火で加熱。少ししたらたまねぎも加える

4

湯が沸騰したら、強火のままそら豆をゆでる。(ゆですぎないようにね!)ゆでたらザルにあけ、流水で温度を下げる。 たまに、たまねぎの鍋をまぜる

5

じゃがいもの皮をむき、薄切りにする。鍋に加えて、ひたひたになる程度の水(or 野菜ストック or そら豆のゆで汁)を加える。フタをして加熱を続ける

6

じゃがいもが柔らかくなるまで待つ。、、、あいだに、そら豆の皮をしこしことむく。キレイな豆をいくつか、飾り用にとっておく。

7

じゃがいもが柔らかくなったら、そら豆を投入。

8

軽くそら豆が温まったら、ブレンダーでとろとろのスープにする。少量ずつを、低速→高速にしていくとなめらかになりやすい。

9

スープを鍋に戻して、塩・こしょうで味つけ。(白こしょうの方が、色がキレイです)。薄めのスープにしたい人は、ここで水分を足す。

10

お皿に移したら、上に飾り用のそら豆をあしらう。あれば、ヨーグルトなどの「白いもの」を少したらすときれいです。

コツ・ポイント

*Andrew Weilさんの、Self Healing というニューズレターの99年2月号より。フタがぴっちり閉まる無水鍋か、テフロン加工のフライパン+フタでつくると、水をあまり加えないのに焦げずにできます。

このレシピの生い立ち

レシピID : 5712 公開日 : 00/06/13 更新日 : 00/06/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」