お米の美味しい研ぎ方

お米の美味しい研ぎ方

Description

いつだったかな?ほか弁屋さんのご飯が
うちで炊くご飯より美味しいことに気が付きました。それまで親のマネでご飯を炊いてた。

材料 (炊飯量はそれぞれ)

白米
必要な量
必要な量

作り方

1

写真

炊飯器の内釜を使わずに、ボウルでしました。これは100均の米とぎボウルです。
※底に穴のあるボウルでないほうがいいかも

2

写真

お米の合数を正確に測るのが大事です。私はこの日は4合炊きました。

3

写真

水を注ぎ入れます。

4

写真

すぐに3の水を2~3回かき混ぜて

5

写真

4の水をすぐ捨てます。
※米の汚れやヌカなどで汚れた水を米に吸わせないためです。乾いた米は最初はよく水を吸います

6

写真

水を注ぎ入れます

7

写真

すぐに6の水を2~3回かき混ぜて

8

写真

7の水をすぐ捨てます。

9

写真

水を捨てたら、米とぎを開始します。

10

写真

米を研ぐ時、手で研ぐなら、指を広げて指を立てます。

11

写真

暖かい季節はいいですが、寒くて水が冷たい時期には、こういうのを使うもの手です。
※洗い物が1点、増えちゃうけどね(笑)

12

写真

研ぎ方は、10の手の状態で、時計回りに10回かき混ぜるように研ぎます。次に反時計回りに同じように10回研ぎます。

13

写真

水を注ぎ入れます。
軽く2~3回、混ぜます。

14

写真

とぎ汁を捨てます。

15

これで1回目の研ぎがおわりました。9から14をあと2回繰り返します。
※合計で3回の米研ぎをします。

16

写真

3回の米研ぎをして水を捨て終えたら、炊飯器の内釜に米を移します。

17

写真

内釜に入れた米はできるだけ平らになるようにします。

18

写真

米の合数に応じた水を注ぎます
※標準目盛りが基本ですが品種やご飯の硬さの好みで水加減は調整します。水が透明でなくてもOK

19

冬なら1時間、夏なら30分ほど水に浸してから、炊飯器の火入れをします。
※私は、春と秋は45分くらいにしてます(笑)

20

炊きあがったら、10分、蒸らし時間を待って、炊けたご飯を切るように混ぜます。
※潰すような混ぜ方をしないほうが良いです。

コツ・ポイント

最初の米への注水は速やかに水捨てをして米の汚れやヌカなどを米に吸わせないようにする事が大事です。2度めの注水も同じように速やかに。それから米研ぎの工程に入ります。
力を入れてゴシゴシするのは米が傷くし、また割れたりするので良くないようです。

このレシピの生い立ち

ほか弁屋さんのごはんが、おいしくて、そういえばうちのご飯よりおいしい。
どこに原因があるのか?考えてみた。
そしていろいろ調べて、実際にやってみて、自分のアレンジを加えた結果です。
レシピID : 5714533 公開日 : 19/06/26 更新日 : 19/07/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」