つばす☆ぶり☆塩焼と醤油焼の冷凍切身

つばす☆ぶり☆塩焼と醤油焼の冷凍切身

Description

焼魚(切身)を調理して冷凍保存するレシピです。
白いご飯とお味噌汁があればいつでもお魚定食!

材料 (6個分)

ぶり、つばす、さわら お好みで
切り身
3切れ
適宣
【調味液 醤油焼用】
醤油
大さじ1
大さじ1
砂糖
小さじ1
小さじ1

作り方

1

魚の切り身を好みの大きさにカットします。今回は3切れを二等分にして6切れにしてしようしてます。

2

①に塩をふりかけて手で全体に馴染ませて10分置く。
【半身一切れにつき、塩の量】
塩焼→ふたつまみ
醤油焼→ひとつまみ

3

写真

②の切身から滲み出た水分をキッチンペーパーで拭き取ります。
醤油焼きに調味液を入れて、さらに10分置く。途中で裏返す。

4

【塩焼】フライパンを熱し、油を薄く引く。中火で片面2分ほど、焼き色がついたら蓋をして火を弱めて3分ほど。

5

④で全体的に火が通ったら、蓋を外し、切身を裏返し、中火で2分ほど焼いて火を切って余熱で中に火を通す冷ます。

6

皿に移して冷まし、ラップで包んでも汗をかかない温度になったら、一切れずつラップに包んで冷凍する。

7

【醤油焼】③で漬け込んだ液から切身を取り出し、焼き方は【塩焼】④〜⑥と同じ。裏面を焼き上げる時に調味液を絡めながら焼く。

8

醤油焼きは、焦げ付きやすいので、調理環境によって火の通りが早いので時間よりも魚の状態を見ながら焼いてください。

9

写真

完成です。
冷凍せずにすぐにおかずにしても大丈夫です。

コツ・ポイント

魚焼きグリルを使えば美味しく焼けるのだけど、洗い物が面倒な日はフライパン!に限ります。アルミホイルを敷いた上で焼くのもアリです。
1週間から10日を目処に召し上がってください。冷凍を加熱した後に再冷凍するのは衛生保存面からやめてください。

このレシピの生い立ち

お魚弁当を食べた時に切り身がとても美味しくて、おうちでサッと食べられたら、という思いから冷凍保存を出来るように作りました。
レシピID : 5734972 公開日 : 19/07/09 更新日 : 19/07/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」