生きくらげ 下処理方法

生きくらげ 下処理方法

Description

生きくらげの下処理方法をご紹介します

材料

生きくらげ
お好きな量

作り方

1

写真

石づきをカットします。※おが屑が付いているちょっと固くなっている部分です。

2

写真

ハサミの方が簡単ですが、こんな風に包丁でカットしてもいいです。

3

写真

水洗いします。
煮物や炒め物など火を通す料理の場合はこれでOK。
酢の物やサラダなど生で食べる場合は湯通しします。

4

写真

湯通し
沸騰したお湯に約30秒くらい通してざるにあげて水気をきります。
これで生食用の下処理は完成です。

コツ・ポイント

きくらげの表面が少し白っぽくなっている場合があると思いますが、それはきくらげの胞子ですので、安心してお召し上がりください。

このレシピの生い立ち

たくさんの方に新鮮な生きくらげを召し上がって欲しいです♬
レシピID : 5756353 公開日 : 19/07/24 更新日 : 19/07/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

19/09/04

写真

毎回どう処理したものか悩んでましたが(笑)これで安心です感謝☆

ぎょびょ

レポ有難うございます。お役に立てて本当にうれしいです♬

19/09/02

写真

初の生キクラゲ。食感が乾燥キクラゲと全然違う!美味しいですね

jocomomola

レポ有難うございます♡嬉しいです!お料理もとっても美味しそう

19/08/20

写真

炒め物に使用したく、参考にさせて頂きました。感謝です☆

☆hironon☆

レポ有難うございます♬お役に立ててとても嬉しいです。

19/08/15

First tsukurepo mark
写真

スーパーで見つけました。 コリコリしてとても 美味しかった

おおなべ

レポ有難うございます♡乾燥とは違った食感が楽しめますよね♫