腎臓内科医考案メレンゲつゆの減塩ソーメン

腎臓内科医考案メレンゲつゆの減塩ソーメン

Description

暑い夏には、冷たいソーメンですね。つゆをメレンゲつゆに変えると減塩ソーメンのできあがり!
1人前の塩分は1.33gです。

材料 (1人分)

ソーメン
100g(2束)
つゆ(3倍濃縮)
小さじ1杯
卵白
卵1個分
小ねぎ
1本
練りわさび
お好みの量

作り方

1

写真

ソーメン2束(100g)を茹で方に書いてあるとおりに茹でて、流水で冷やします。

2

写真

メレンゲつゆを作るのに、百均で購入した「ふわ泡ホイッパー」を使います。

3

写真

ホイッパーに卵白とつゆを入れて泡立てます。

4

写真

簡単にメレンゲつゆが完成します。

5

写真

ソーメンをレンゲに載せます。

6

写真

メレンゲつゆを載せて、お好みで小ねぎや練りわさびを載せて、一口でいただきます。

コツ・ポイント

もともとの麺には塩分が多いので、茹でた後しっかり流水で洗いましょう。メレンゲつゆは非加熱の卵白を使っているので、2時間以内に食べましょう。調理器具は食中毒予防に熱湯でしっかり洗いましょう。
メレンゲつゆをすべて使い切ると塩分1.33gです。

このレシピの生い立ち

夏に食べたくなるソーメンで減塩する方法を考えて、「メレンゲつゆ」を思いつきました。レンゲに麺とメレンゲつゆを乗せると食べやすいです。
1人前の栄養所要量は、354kcal、蛋白12.8g、炭水化物71g、食塩相当量1.33gです。
レシピID : 5759241 公開日 : 19/07/26 更新日 : 19/07/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」