ラーメンスープ包み小籠包風餃子

ラーメンスープ包み小籠包風餃子

Description

市販の袋麺のスープで具を煮込み、スープごとゼラチンで固めて餃子の具にしました。

材料 (2人分)

豚ひき肉
160~240g
白菜
1/16個
水で戻した干しシイタケ
2個
ラーメンスープの素
1袋
500cc
餃子の皮(50枚入り)
1袋
少量

作り方

1

写真

水400~450ccでお湯を沸かし、ひき肉と細かく切った白菜、シイタケを煮て、ラーメンスープを溶かす。

2

写真

1のスープを80℃以下に少し冷ましてから、ゼラチンパウダーを入れて良く混ぜ、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やす。

3

写真

餃子の皮の縁に水を塗り、真ん中に2を小さじ1杯程度置いて包む

4

写真

1個包んだ状態。ひだの部分に水を付け足しておくと、後で柔らかくなりやすいと思います。

5

写真

1回焼くごとに、12~15個包み、準備する。

6

写真

フライパンに油をひき、5を並べて焼き始める。少し焼いたらお湯を餃子が1/4~1/3くらい浸かる程度入れ、蓋をして加熱する

7

写真

皮が透き通って、柔らかくなってきたら、お湯を足すか、弱火で、もしくは火を止めて余熱で様子を見る。皮の膨らみすぎに注意。

8

写真

見た目で皮がもっちりして、食べられる状態になったら出来上がり。お湯が残っていたら、スプーンですくいとるなどして除く。

9

写真

皮を破らないように、気を付けて皿に盛り付ける。

10

写真

冷めてくっつくと、剥がすときに皮が破れるので、
すぐに食べない場合は1個ずつ、ラップでくるんでおく。

コツ・ポイント

好みのラーメンのスープの素を使うため、麺は別のラーメンスープの素を使うなどして食べるようにし、目的のラーメンスープの素を取っておきます。試作ではゼラチン5gで固まってくれていました。1で具に火が通っているので、8では見た目で大丈夫です。

このレシピの生い立ち

餃子を自分で作るようになったので、小籠包風の餃子にも挑戦してみました。
レシピID : 5767728 公開日 : 19/08/01 更新日 : 19/08/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」