基本のカスタードプリン

基本のカスタードプリン

Description

柔らかすぎず固すぎず喫茶店で食べるような懐かしのカスタードプリンを目指しました!

材料 (5カップ分)

カラメル
大さじ2
水(さし水)
大さじ1
ラム酒
小さじ1
プリン液
全卵L(常温)
2個
卵黄L(常温)
3個分
牛乳
250g
練乳
45g

作り方

1

写真

動画もぜひ^^https://www.youtube.com/watch?v=wQKpwV2VWiI

2

写真

バニラビーンズを縦に裂いて、中の種をこそぎ取る。種を茶こしで濾しながら、牛乳に入れる(ダマ防止)。鞘も入れ、1時間置く。

3

写真

【カラメル】グラニュー糖と水大さじ2を鍋に入れ、中火にかける。縁が黄色くなったら、時々鍋を回してまんべんなく色づける。

4

写真

勢いよく蒸気が出てきたら、火を止めて、さし水(大さじ1)を入れる。※はねるので気を付けてください。

5

写真

鍋を濡れ布巾の上に置く。ラム酒を加え軽く混ぜる。

6

写真

すぐに(固まる前に)それぞれのプリンカップに入れる。オーブンを170℃に予熱

7

写真

【プリン液】全卵と卵黄をあまり泡立てないようにほぐす。ホイッパーの線を通すようにして、丁寧に水状になるまでほぐす。

8

写真

グラニュー糖を加えて、よく混ぜる。(←泡立てないようにゆっくりめに)グラニュー糖が見えなくなった後も、約1分混ぜ続ける。

9

写真

2のバニラ入り牛乳に、練乳を加え、混ぜながら温める。湯気が立つまで温める。

10

写真

温めた牛乳を卵液に3~4回に分けて、その都度よく混ぜる。全て入れ終わった後も約1分混ぜ続ける。

11

写真

キッチンペーパーを優しくかぶせて、表面の泡を取り除く。

12

写真

茶こしで濾す。

13

写真

プリンカップに入れて、それぞれにアルミホイルをかぶせる。

14

写真

天板に濡れ布巾を敷いたら、その上に深めのバットをのせる。バットにも布巾を敷いて、その中にプリンカップを入れる。

15

←布巾は、薄手のもの(キッチンダスター)です。キッチンペーパーでもいいと思います。

16

写真

水と熱湯を同割で混ぜて、約50℃のお湯を作って、バットにたっぷりと注ぎ入れる。150℃で30~35分焼く。

17

写真

揺らすと全体がプルプルと一緒に揺れるぐらいまで焼けたら、氷水で急冷して粗熱をとる。ラップをして冷蔵庫で3~6時間冷やす。

18

写真

【取り出し】カップの底を熱湯に数分浸けて、カラメルを少し緩めたら、ナイフなどで、側面を1周する。

19

写真

皿をかぶせて、ひっくり返し、軽く揺すって、トンっとプリンが落ちる音がしたらカップをはずす。

20

追記1★冷蔵庫で冷やす時間は、一晩でもOKです。冷やす時間が長いほど、カラメルが溶けて取り出しやすくなります。

21

追記2★同分量のまま4個分にしてもOKです。(私のオーブンだと、5個分で32分、4個分で36分の焼き時間でした)

コツ・ポイント

・あまり泡立てないように丁寧に卵をほぐす。
・プリン液が熱くなりすぎると、「す」(穴)ができるので、布巾を敷き、湯煎のお湯もたっぷり入れる。
・もし、プリン側面にすができる場合、アルミホイルでカップ全体を包んでしまうのもいいと思います。

このレシピの生い立ち

卵黄多め&練乳プラスで、こくのあるなめらかなカスタードプリンになってます(^^)卵の味がダイレクトに出やすいので、新鮮な卵を使うのがおすすめです。
レシピID : 5779817 公開日 : 19/08/11 更新日 : 19/08/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」