おふかし(娘に伝えたい味・覚え書き)

おふかし(娘に伝えたい味・覚え書き)

Description

私の育った地域では、餅米と甘納豆でお赤飯を作ります。冠婚葬祭や、お盆、お彼岸、祝い事には欠かせません。

材料 (作りやすい量)

餅米
1kg
甘納豆
1袋
300〜400cc(目安です)
小さじ1/2弱

作り方

1

餅米を洗って、一晩浸水する。

2

蒸し器の上段に蒸し布を敷く。蓋から水滴が滴り落ちないようにように蓋も蒸し布で包む。

下段の鍋には水をたっぷり入れる。

3

2️⃣で準備した蒸し器に、餅米を敷き詰める。

4

強火にかける。蒸気が上がったら、そのまま蒸して、餅米特有のいい香りが上がってきたら、火を止める。

5

大きいボウルに、酒、塩を入れておく。そこに、4️⃣の餅米を入れて全体を切るように混ぜる。甘納豆も加え、全体に混ぜる。

6

蒸し器に蒸し布を敷き直して、5️⃣の米を蒸し器に戻し入れて、強火にかける。

7

蒸気が上がってから、20分ほど蒸して、酒の香りが飛び、米がモチモチに柔らかくなったら完成!

8

お祝い事の赤飯にするときは、5️⃣の酒に、食紅少量を水に溶いたものを加える。

不祝儀やお盆お彼岸は着色しない。

9

酒の分量目安です。だいたい、お米がリゾット状になるくらい。結構、多めです。

10

出来上がりを盛り付けるときは、甘納豆が潰れないように優しくよそう。

甘納豆が潰れると、汚ならしく見えるので…。

コツ・ポイント

◎季節によっては、栗の甘露煮を入れる時もあります。

◎蒸した米に酒を含ませると、出来上がりがしっとりして、固くなりにくい…と母から教わりました。

このレシピの生い立ち

私はお赤飯といえば、このおふかしだと思って育ち、一般的な「赤飯」を結婚まで食べたことがありませんでした。
夫の実家の赤飯は一般的なもので、結婚の挨拶の時にお互いの家で出された赤飯の違いに驚き、お互いに不味いと思った、という笑い話があります。
レシピID : 5783708 公開日 : 19/09/17 更新日 : 19/09/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」