簡単!ゴーヤーの苦みを軽減させる方法

簡単!ゴーヤーの苦みを軽減させる方法

Description

ゴーヤーの苦みはどこから?ワタ?種?皮???
苦くないゴーヤーの選び方、苦みの抜き方を伝授します。簡単です。

材料

ゴーヤ
1本
小さじ1

作り方

1

①ゴーヤーの選び方

できるだけ苦くないゴーヤーを選びます。

2

写真

ゴーヤーと言えば、緑のツブツブ。ゴーヤーの苦みはココにあります。ツブツブの緑が細かくて、色が濃い物の方が苦みが強いです。

3

写真

少し色が薄くてツブツブも大きめ。こちらの方が苦くないです。色が薄くてツブツブが大きいゴーヤーを選びましょう。

4

②ワタの処理

チャンプルーを作る時、ワタの部分が美味しい汁を吸収してくれます。

5

写真

ワタが苦いからキレイに取った方がいいなんて聞きますが、ワタは全然、苦くありません。我が家では、ワタはなるべく残します。

6

写真

ワタはスプーンでなく、手で種だけ摘まんで取り出してます。そして丁寧に分けます。

7

塩もみで苦味を取る。

8

写真

スライスしたゴーヤーに塩をふって軽く揉みます。このまま15分くらいおきます。

9

写真

15分立ったら、水で洗い塩を丁寧に流します。これで苦みがだいぶ軽減しているはずです。

10

④調理方法について。

調理時、油を少し多めに使って炒めると苦みが和らぎます。

11

写真

ゴーヤーは油と相性が良いので油をよく使うメニューが美味しいし、苦みも少なくなります。チャンプルー、かき揚げ、パスタ等に。

コツ・ポイント

1本のゴーヤーの中でも、粒の細かくて濃い部分は苦いし、粒の大きくて淡い部分は苦みが柔らかです。少しかじって味見してみて下さい。

→関連レシピ
本場の味!ゴーヤーチャンプルー
ID:5785459

このレシピの生い立ち

▼ブログやっています。

生命賛画|
ヒキタさんちの生命力を高める暮らし方
http://hikitas.com/

レシピID : 5784891 公開日 : 19/08/15 更新日 : 19/08/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」