【きのこ】さんまのけんちん蒸し 

【きのこ】さんまのけんちん蒸し 

Description

きのこ料理コンクール入賞作品!味のしめじ、香りの舞茸、旨味の乾椎茸、食感のきくらげの四重奏を堪能ください(農林水産省)

材料 (4人分)

さんま
4尾
乾しいたけ
3枚
ぶなしめじ
20g
舞茸
20g
きくらげ
30g
サラダ油
12g
20g
大葉
8枚
柚子の皮
1個分
するめ
10g
人参
30g
【けんちん地】
木綿豆腐
200g
27g
卵白
25g
【だし汁】
350㏄
鰹節
6g
昆布
3g
【煮汁】
乾しいたけの戻し汁
300㏄
1g
【A】
40g
10g

作り方

1

するめと人参を3㎝の長さに千切りし、煮立たせて冷ました【A】に一晩漬ける。昆布と鰹節でだしを取っておく。

2

皮をむいた生姜は千切り、水に戻した乾しいたけ、きくらげは太めの千切りにし、ぶなしめじと舞茸は手で裂いて【煮汁】で煮る。

3

2に火が通ったら、汁気を切り冷ましておく。

4

水切りした豆腐を裏ごしし、卵白と片栗粉を加えてすり鉢ですり、冷ました3を加える。

5

三枚におろしたさんまの内側に片栗粉をまぶして生姜をのせ、4をのせて巻いたら爪楊枝で止める。

6

薄く油をひいた蒸し器に5をのせて強火で10分~15分蒸す。

7

1の【A】大さじ3と取っただし汁を煮立たせて、1で漬けたするめと人参を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。

8

蒸し上がった6を器に盛り、7をかける。千切りした大葉と柚子の皮を上に盛り付けて完成。

コツ・ポイント

だしは、昆布に繊維に逆らった切込みを数か所入れ水に30分ほど浸した後、ゆっくり加熱し、沸騰直前に取り出します。その後沸騰させ火を止めてから鰹節を入れ、再沸騰後弱火で1~2分ほどアクを取りながら煮出してからこすと美味しい金色のだしが取れます。

このレシピの生い立ち

このレシピは福島県の井上 あすかさんが考案したもので、「第32回きのこ料理コンクール全国大会」で日本特用林産振興会長賞を受賞しました。きのこを詳しく知りたい方はこちらhttp://nittokusin.jp/wp/
レシピID : 5793406 公開日 : 19/11/15 更新日 : 19/11/15

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」