ミニたい焼き

ミニたい焼き

Description

ビタントニオのバラエティサンドベーカーについていた「ポワソンプレート」を使って焼きました。

材料 (約10個分)

小麦粉
150g
砂糖
30g
牛乳
200ml
1個
醤油
小さじ1
大さじ1
粒あん
適量

作り方

1

小麦粉とベーキングパウダー、砂糖をボウルに入れ、泡立て器で空気を含ませるようにまんべんなく混ぜる。

2

1のボウルの粉類に卵と牛乳を加える。
ダマになりやすいので少量づつ、混ぜながら加える。(練らないように注意)

3

2に醤油とみりんを加える。

4

粒あんをカニカマボコくらいの大きさの棒状にまとめておく。

5

バラエティサンドメーカーにポワソンプレート(ミニ鯛焼きプレート)をセットして電源を入れる。
緑の予熱完了ランプが付いたら耐熱ハケで少量の溶かしバター(分量外)を下のプレートに塗る。

6

3の生地を予熱が完了したプレートに
「ゆっくり&静か」に注ぎ込む。

7

まずしっぽ部分だけに生地がみっちり埋まるようにして(生地が膨らんでない状態で枠の2mmくらい下)
注いだ生地が胴体部分に流れていかないのを見届けてから胴体部分に生地を注ぐ。
胴体部分は、生地は少なめにするとあふれない。

8

4でまとめておいた粒あんを生地の真ん中にのせ、その上から生地を少量づつ流し込む。
ゆっくり作業をしていれば、ちょうどこのあたりで生地がいい感じに膨らんできているので生地の表面が枠より下なら追加で生地を流し込みます。

9

機械のフタをして、タイマーを4~5分にセットする。
キレイに焼けなくなるのでフタは4分経つまで絶対に開けないこと。

10

箸などで取り出して、できあがり。

コツ・ポイント

・生地がダマになってしまったら、漉してください。・生地をプレートに流し込む作業はゆっくりが確実です。 ゆっくり流し込むために計量カップを使いました(130mlくらい入れるとちょうど2個分になりました。)・機械のフタを開けないのもキレイに焼くためのコツです。・粒あんをまとめておくのは、あんを乗せるのに時間がかかって生地に火がとおりすぎないようにするためです。

このレシピの生い立ち

ビタントニオのバラエティサンドベーカーを買ったので、自分なりの鯛焼きのコツを考えてみました。
どら焼きを作るときに焼き色を香ばしくするために「みりん」と「しょうゆ」を入れるので、鯛焼きにもアレンジしてみました。
香ばしく仕上がります!
レシピID : 580041 公開日 : 08/05/28 更新日 : 08/05/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

59 (55人)

14/01/07

写真

初たい焼きで、和風味で仕上がりました!ありがとうです!

cotasmam

14/02/08

写真

男前に綺麗な色で焼けました♪美味しいです♪ありがとうございます♪

ともsama

13/08/22

写真

豆乳で♪ みりん・醤油のおかげで香ばしくて美味(*^^*)

yunyun6

13/05/15

写真

めちゃ②美味しいです♪♪毎日食べたくなりました☆

みーぶーびー

つくれぽありがとうございます!

1 2 3 4 5
ミユえもん 2009年01月12日 13:33
うちもビタントニオ購入したので、早速作りました。あんが甘いので、丁度いい味の生地でした^^